積立投資!ドル・コスト平均法のメリット・デメリット―入門インデックス投資―

入門インデックス投資

こんにちは。 インデックス投資はリスク分散以外にも分散することがあります。それには「ドル・コスト平均法」という名前が付いています。今回はドル・コスト平均法という手法を勉強してきたのでまとめておきます。

安く買って、高く売る!

投資の勉強をしていると「投資の基本は、安く買って高く売る」なんてことをよく耳にします。そうなんです、これが投資の基本なのです。しかし、良く考えてみてください。これを理解して、明日から安く買って高く売るなんてことができるのでしょうか?

いつ買えばいいのか分からない

安く買って高く売ることは、投資のプロですら難しいことです。これから上がるのか、それとも下がるのか、誰にもわからないのです。じゃあどうすればいいのか。そこでドル・コスト平均法と呼ばれる手法が登場します。

ドル・コスト平均法とは?

ドル・コスト平均法とは、金融商品を購入するときに、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する方法です。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。「ドル・コスト平均法 – Wikipedia」を参考にしました。

上がっても、下がっても嬉しい

ドル・コスト平均法により資金を時間分散させることによるメリットは、上がっても下がっても嬉しいということです。つまり上がれば資産が増えて嬉しい。下がってもその月の購入口数が増えて嬉しいということになるのです。

ドル・コスト平均法の注意点

山崎元氏は「第180回 ドルコスト平均法について整理する | 山崎元「ホンネの投資教室」 | 楽天証券」でドル・コスト平均法で起こりうる弊害について次のように指摘しています。

  1. 機会損失の発生
  2. 支払い手数料の増加
  3. 一つの対象に対する集中投資によるリスク増加

 ひとこと

ドル・コスト平均法はメリットばかりではありません。実践した方がいい人、しない方がいい人、いるかと思います。自分はどちらの方がよいのか考えて実践しないといけませんね。

タイトルとURLをコピーしました