ゆるキャン△4話あらすじと感想(ネタバレあり)【見逃し動画配信情報あり】

国内ドラマ
この記事は約5分で読めます。

この前のゆるキャン△4話を見逃してしまった。

どんな内容だったのかな?

 

他の人の感想が知りたい!

あの俳優さんのあのシーンがもう一度見てみたい!!

そのような方々のお役に立てるような

情報をお伝えします!

ゆるキャン△を見逃したらAmazon prime videoで!

30日間なら無料で利用できます。
他にも話題の映画やバラエティ番組も楽しむことができますよ!!

Amazonプライムビデオ30日間無料体験

ゆるキャン△4話のあらすじ

木曜深夜1時放送の「ゆるキャン△」の第4はどんな内容だったのでしょう?

見逃した方へ、ネタバレなしネタバレありを共にお届けいたします!

ゆるキャン△4話のあらすじ(ネタバレなし)

なでしこ(大原優乃)が加わり三人となった「野外活動サークル」(通称「野クル」)は冬キャンの準備を始める。まずはキャンプアイテムを揃えようとするのだが…。
そして冬キャン当日、キャンプ場に行く前に、笛吹川フルーツ公園やほったらかし温泉を訪れる野クル。一方、リン(福原遥)もソロキャンのため愛車のビーノにまたがり、長野に向かっていた。
食事や風景などの写真をお互いに送りあうリンとなでしこ。そして、長野県の霧ヶ峰に着いたリンは、自分の居場所をなでしこに伝えるためライブカメラのURLを送る…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/yurucamp/story/

ゆるキャン△4話のあらすじ(ネタバレあり)

学校の野外活動サークルではなでしこ(大原優乃)が加わり、部員3人で冬キャンプに向けての準備が始まる。部長の大垣千明(田辺桃子)が2人に気合を入れる。なでしこが、千明にどこでキャンプ?いついくの?と聞くが千明はまだ何も決めていない。

犬山あおい(箭内夢菜)が持っていくものを確認すると、千明となでしこが好き勝手にいろんな道具を提案するが、あおいは冬キャンに最低限必要なものをまとめ始める。最低限必要なものはテント、ランタン、カセットコンロなどあるが、冬キャンで最も大事なのはシュラフ(寝袋)である。

千明とあおいは夏用のシュラフしか持っていない。冬キャンでは低体温症で命を落とす危険性もあるが、冬用シュラフは値段が高い。あおいが本を見せながらなでしこにシュラフの説明をする。シュラフにも種類があり、なでしこが見たリンのシュラフは頭まで入るラミー型シュラフで、冬用はこのタイプが多いことを教えてもらう。

一方、志摩リン(福原遥)は図書室で本を読みながら受付をしている。佐藤恵那(志田彩良)がリンの髪をクマヘアーに編んでいる。そこへ、なでしこから冬キャンプの準備をしている写真がメールで送られてきたが、何をしている写真か理解できない。

キャンプの日、リンが長野に向けて原付で家を出発する。

なでしこは千明とあおいが待つキャンプ場の最寄りの駅に遅れてやってくる。なでしこは乗る電車を一本間違えて待ち合わせ時間に遅れてしまった。しかし、あおいたちは”まったりキャンプ”を目指すので怒ることはない。なでしこは千明が新しいシュラフをキャリーに乗せていることに気づく。千明は冬用シュラフを手に入れ、テントも買い足していた。

なでしこたちはキャンプ場まで4キロの道のりを歩いていく。なでしこが千明にキャンプ場について質問すると、千明は温泉があって夜景がきれいな場所と答える。千明とあおいは荷物をキャリーに乗せて運ぶがなでしこは、手に抱えて持っていく。

一方、リンは茅野市に向けてバイクを走らせている。

千明とあおいが疲れている中、なでしこは元気に先を歩く。フルーツ公園についた3人は眺めを楽しみ3人で写真を撮り、なでしこは大はしゃぎ。3人は公園内にある小屋でスイーツを食べることにした。

一方、リンは目的地まであと40キロほどに来ていた。リンは通りすがりに見つけたのロッジ風のカフェで休憩する。カフェに入ったリンはメニューを見るとボルシチに目が行くが、1350円の高さに驚く。しかし、リンには最近入ったバイト代があり、思い切ってボルシチを注文することにする。

なでしこたち3人はそれぞれ違うスイーツを食べている。スイーツを回し食べして、それぞれの味を堪能する3人。あまりのおいしさに「うーん」と唸り続ける3人。スイーツを食べ終えた3人はキャンプ場まで1.7キロだが、全員一致で近くの温泉に行く事にする。

カフェでボルシチを待つリンになでしこからメールで、フルーツ公園での3人の写真が送られてくる。

その時、リンが注文したボルシチができた。凄いおいしそうなボルシチ。リンはスマホで写真を撮ったあと、食べ始めると口の中でとろけるお肉がおいしく、あたたかさが冷えた体にしみわたる。

リンがボルシチの写真をなでしこにメールで送ると、なでしこはリンがどこにいるのかメールで聞いてくる。

なでしこたちは”ほったらかし温泉”に到着する。休憩所にいてくつろぐとあまりの居心地の良さにもう動けない。そこへなでしこのスマホに霧ヶ峰カメラのライブ画像のURLが貼られたリンからのメールが来る。

URLをクリックすると、ライブ映像にリンの姿が映っている。リンはカメラに向かって手を振り、その様子を見て驚くなでしこたち。あまりの感激になでしこたちも自分のスマホの画像を見てリンに手を振るが、当然がリンになでしこたちは見えない。

リンはライブ映像にちゃんと自分が映っているのか心配になりながらも手を振っていた。

リンは長野県、なでしこは山梨県いる。
お互いが寒いところにいて、大変そうだと互いを心配しているが、お互い暖かい場所でのんびりしている。

ゆるキャン△4話の感想

キャンプ場に行くまでの道のりの話でした。キャンプがなくて少し残念でしたが、キャンプは家を出てから帰るまでがキャンプ。小学校の時の遠足で言われた言葉を思い出しました。キャンプへの道のりもキャンプですね。
そして、リンが道路のライブカメラで居場所をなでしこに伝えていたのは洒落てましたね。なるほど!そういうのもありかと、私もいつかやってみようと思った第4話でした。次回のキャンプが楽しみです。

ゆるキャン△を見逃したらAmazon prime videoで!

30日間なら無料で利用できます。
他にも話題の映画やバラエティ番組も楽しむことができますよ!!

Amazonプライムビデオ30日間無料体験

タイトルとURLをコピーしました