Heaven?〜ご苦楽レストラン〜4話のネタバレと感想【見逃し動画配信情報あり】

国内ドラマ
この記事は約7分で読めます。

この前のHeaven?〜ご苦楽レストラン〜4話を見逃してしまった。

どんな内容だったのかな?

他の人の感想が知りたい!

あの俳優さんのあのシーンがもう一度見てみたい!!

そのような方々のお役に立てるような

情報をお伝えいたします。

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜を見逃したらパラビで!

Paravi

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜はParavi(パラビ)で見逃し配信がされます。
Paraviは30日間なら無料で利用できます。
他にも話題のドラマやバラエティーも楽しむことができますよ!!

Paraviを30日間無料体験

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜4話のあらすじ(ネタバレあり)

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜4話のタイトルは、

「quatre オーナーの正体!」。

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜4話のあらすじ

ある日「ロワン・ディシー」に、こわもての男2人(山内圭哉、小柳友)がやってくる。彼らは仮名子(石原さとみ)に「期限はとっくに過ぎている」と詰め寄り、さすがの仮名子も押され気味・・・。そして、「明日までに用意しろ」と無理やり約束させられることに。その様子を見ていた堤(勝村政信)は、仮名子が借金取りに追われているのでは?と想像。さらに、金策に困った仮名子が、従業員の誰かを解雇するのではないか?と不安を募らせる。一方、伊賀(福士蒼汰)や川合(志尊淳)も、仮名子はいったい何者なのか?と思い始める。そこには、山縣(岸部一徳)だけが知るある事実が・・・。

https://www.paravi.jp/watch/44492

あらすじ(以下ネタバレ注意)

オーナーの正体は一体・・・?

従業員達が不安に思う中、先日店に来ていた謎のこわもての男2人から、ロワン・ディシーに電話がかかってきた。

「オーナーに明日の約束守るように伝えてくださいよ。あなた方だってきちんとお仕事したいでしょ?」

従業員達は仮名子が借金取りに追われているのだと確信し、オーナーが変な気を起こさないように見張ることにした。

 

翌日、仮名子に少しでも元気を取り戻してもらおうと、伊賀は仮名子の好きなコロッケを買って帰ろうと思い、バイクを走らせた。

するとその道中、偶然山縣と出くわした。しかもその場所は「ビジネス英語技能検定」の試験会場。

しかもこの日はまだ何箇所も移動して資格試験を受けるというのだ。

伊賀は山縣が店の将来のため、自分のレベルアップのために真摯に考え行動しているのだと感心したのだったが、なぜか山縣は伊賀に「試験のことは皆に黙っていて欲しい」と頼んできた。

 

その頃レストランでは、シェフの小澤がフォアグラなどを使った贅沢なお昼のまかないを作っていた。

仮名子の様子が変だったことを気にかけた小澤が、少しでも元気を取り戻してもらうために作ったのだ。

しかし、仮名子はそれすらも要らないと言い、かなり思いつめた様子だった。

結局まかないにも伊賀買ってきたコロッケにも手をつけず、部屋に閉じこもったまま。

しかも部屋には内側から鍵がかかっている。

伊賀が心配していると、部屋の中からものすごい音が聞こえた。

しかし、皆で必死でドアをこじ開けるも、部屋の中に仮名子の姿はなかった。

皆が困惑していると、後方より仮名子がやってきた。

そう、これは仮名子があたかも首吊り自殺をしたのではないかと皆に思わせるため、彼女が仕組んだトリックだったのだ。

オーナー、あなたは一体何者なのですか・・・?」

伊賀は遂に、仮名子に尋ねた。

・・・わたし作家なの。ミステリーの女王”仮名須黒子”なの!

仮名子は得意げに答えた。

3年ほど前に出版した小説はミステリーの新人賞を受賞し、その映画も動員数300万人越え。

映画を撮った時の監督がこの前店に来ていた山田監督で、先日のネットニュースを書いた毒舌エッセイスト和田英代は文壇仲間だったのだ。

そして、映画の一大ムーブメントと印税の結果、ロワン・ディシーは生まれたのだという。

 

つまり従業員達の、”仮名子が借金に追われている”というのは勘違いで、ただ”原稿”に追われていただけだったのだ

さらに、こわもての男二人も借金取りではなく、出版社の編集部の人だった。

そうして仮名子はあと2日だけ原稿締め切りの猶予をもらい、男たちは帰っていった。

 

そこに入れ違いで、ちょうど山縣がやってきたので、店長は今までの出来事を伝えた。

すると、山縣は仮名子が作家であることを知っていたことが判明

山縣の銀行員時代、仮名子は小説の取材で突然現れたのだという。

仮名子が作家であることを伏せているのに気を利かせ、黙っていたのだ。

そして、山縣自身も遂に自分の資格取得について打ち明けることとなった。

幼い頃から勉強が得意で、東大にも一発合格し、その後大手銀行の幹部候補にまで上り詰めた。

難関試験にも次々と合格し順風満帆と思われたが、上司からは転職するつもりなのかと勘違いされ、出世の道は絶たれ、左遷されてしまったのだ・・・。

そんな苦い過去があったため、資格取得の勉強をする暇があるなら本来の業務をしろ、と仮名子も思っているのではないか?と思い、このことは黙っていたのだという。

それを聞いた仮名子は、意外にもこう述べた。

別に一つのことしかやっちゃいけない決まりなんてないじゃない。やりたいことがたくさんあって当たり前でしょ

従業員達も、山縣が店で働きながら勉強していたことに思わず感心していた。

その様子に感極まった山縣。

資格取得が原因で左遷されて、つまらん仕事に回されたが、資格取得が私の生きがいでした。ひょんなことからこのレストランで働き始めましたが、こんな風に理解される日が来るなんて・・・。嬉しいもんですね、誰かに褒められるなんて。わからないものだ、人生は。

仮名子「そうよ、わからないから面白いの

実は、この日受けたのはビジネス英会話技能検定、硬筆美文字検定、会話力検定、鉄道時刻表検定、日本昔話検定の5つ。

1日に5個の資格試験を受けるのは日本記録タイだといい、資格取得について活き活きと語り始める山縣。

それを聞いて仮名子の様子は一変

「うちで働いてる時より活き活きしてる。面白くない!!そんなにうちの仕事が面白くないなら、資格を生かして別の仕事に転職したらいいんじゃない?」

と元も子もないことを言いだす始末。

しかしあと3年が働かせてもらうと言い張る山縣。

それは、ソムリエの資格取得のための実務経験の”3年”だった。

つまり、ここで働くのも資格取得のためだとわかり、仮名子はさらに機嫌を損ねてしまった。

山縣も必死に仮名子の機嫌を取ろうとするが、結局執筆活動に取り組みもせず飲み始めてしまったのだった・・・。

 

その後、ギリギリで間に合った仮名子の新作は、奇想天外なトリックが一部にウケてほんの少しだけ話題になったという。

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜4話の感想(Twitterでの反応)

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜4話のTwitterでの反応をご紹介します。

山縣(岸辺一徳)が高評価

岸辺一徳さん、いい味出してますよね。

山縣さんの独特なキャラをうまく演じていて、さすがの一言!笑

このドラマのはちゃめちゃさを理解し始める声も

これまで、「ストーリー展開のテンポが悪い」という意見も中にはあったのですが、こんな意見もちょこちょこ見られるようになってきました。

確かに最初は展開が急すぎたりして、え?となる場面もありましたが、、、

このドラマ、だんだんと楽しみ方がわかってきました。笑

次回はいったいどんな展開が待っているのでしょうか!笑

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜を見逃したらパラビで!

Paravi
Heaven?〜ご苦楽レストラン〜はParavi(パラビ)で見逃し配信がされます。
Paraviは30日間なら無料で利用できます。
他にも話題のドラマやバラエティーも楽しむことができますよ!!

Paraviを30日間無料体験

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 の見逃し配信をしているVODサービス
「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」が面白そう。 過去の放送分を見逃したんだけどどうすれ...
タイトルとURLをコピーしました