コタキ兄弟と四苦八苦10話あらすじと感想(ネタバレあり)【見逃し動画配信情報あり】

国内ドラマ
この記事は約6分で読めます。

この前のコタキ兄弟と四苦八苦10話を見逃してしまった。

どんな内容だったのかな?

 

他の人の感想が知りたい!

あの俳優さんのあのシーンがもう一度見てみたい!!

そのような方々のお役に立てるような

情報をお伝えします!

コタキ兄弟と四苦八苦を見逃したらParaviで!

Paravi

見逃してしまった方は是非Paraviでご視聴ください!!

Paraviでまずは2週間無料体験!
他にも話題のドラマやバラエティ番組も楽しむことができますよ!!

Paraviを2週間無料体験

コタキ兄弟と四苦八苦10話のあらすじ

金曜深夜0時12分~放送の「コタキ兄弟と四苦八苦10話」はどんな内容だったのでしょう?

見逃した方へ、ネタバレなし・ネタバレありを共にお届けいたします!

コタキ兄弟と四苦八苦10話のあらすじ(ネタバレなし)

「十、老苦」

5年前、一路(古舘寛治)の元へ笹谷瑞樹(手塚理美)という女性が訪ねてきた。行方不明だったはずの父・零士(小林薫)の居場所を知らせにきたのだった。それから一路は度々零士のいる介護施設へ足を運んでいるという。父親らしいことを何一つしてくれず、浮気性で母を泣かせきりだったクズ親父に対して複雑な思いを隠せない二路(滝藤賢一)だったが、一路の誘いで父との再会を果たすことに…。兄と弟、そして父。内に秘めた思いが遂に語られる。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/kotaki/story/10.html

コタキ兄弟と四苦八苦10話のあらすじ(ネタバレあり)

喫茶店シャバダバで古滝一路(古舘寛治)は二路(滝藤賢一)にさっちゃん(芳根京子)が自分たちの妹だと話す。一路はボブ(吉沢悠)から渡されたTNK探偵事務所が調査した”レンタル兄弟おやじ 調査報告書”を二路に見せる。2人のことをよく調べている報告書で、一路たちの父のことも書いてある。

一路は5年前に笹谷瑞樹(手塚理美)が父・零士(小林薫)のことで家に来たときのことを話す。

瑞樹は零士の不倫相手で、瑞樹には娘がいるが古滝家の話はしていない。ホームレスの零士が行き倒れて、所持品の中に20年前に瑞樹が書いた婚姻届があって警察から瑞樹に連絡が来た。

瑞樹がホームレスの写真を確認すると零士で間違いなかった。瑞樹は零士がいる希望苑の住所と連絡先を書いたメモを一路に渡す。瑞樹は希望苑に行ってなく今後も行かない。瑞樹は零士のことは誰にも話していない。瑞樹には零士の面倒をみる必要はなく、零士が野垂れ死んでも自業自得だと話す。

五月(さっちゃん)には6才の時に父親は船の事故で死んだことにしている。零士は子供だった五月に自分は船乗りだと嘘をついていた。

一路はさっちゃんが大事にしている父親の思い出を壊したくないので、二路には内緒にするように言う。

二路は喫茶シャバダバでさっちゃんに子供の頃の事を聞くが、さっちゃんの顔を見ていると零士の話をしてしまいそうになる。

二路は家に戻る。二路は一瞬の嘘はつけるが、時速性のある嘘はつけない。二路は零士と似ている。

探偵の調査報告書には一路が3ヶ月に1度のペースで零士と会っていると書いている。一路は無責任なことは出来ないから名乗り出たと二路に話す。

一路が零士の面倒をみる理由は零士と会ったら過去のことはどうでもよくなったからだと話し、二路を零士のところに連れて行く。

希望苑で一路と二路が零士に会う。零士は2人の前で係の女性を”みさえ”と呼んでお尻を触る。零士は一路のことを弁護士と思って、自分の特許を探すように頼み、うまくいけば1000万円あげると言っている。5年前一路が零士とあった時よりボケが進んでいる。

二路は零士に妻の名は”たかこ”だと苛つきながら言う。たかこの名前を聞いた零士はたかこは元気か?、会いたいと話す。一路が母の最後は自分ひとりで看取った事を話すと、二路はたかこの話をする。

たかこはクズ男と結婚して2人の息子を生んだ。その兄弟が20才を過ぎた頃、たかこは病気になってベッドで寝たきりになった。たかこはクズオヤジに似ている弟を側にいさせた。おやじは外で女を作っていた。たかこは病気が進み、訳わからないことを言うようになり、弟とオヤジの区別がつかなくなる。するとクズオヤジへの恨みを込めて弟を罵倒するようになった。弟は自分が側にいないほうが安らかに終われると思って母の最期に姿を見せなかった。

零士はたかこは自分と結婚すればよかったと話すと、2人は唖然とする。

希望苑からの帰り、一路は5年前に零士に会った時の話をする。
零士は一路を罵倒した。一路も零士に文句を言ったのだが、あまりの怒りに自分のオヤジだと白状したのと同然の状況になった。

一路は零士を許さないが哀れに見えている。

2人が喫茶シャバダバに行くと、二路はさっちゃんの顔が見れない。さっちゃんは六花(川島鈴遥)がレンタルおやじの無料券を使いたいと言っていることを二路に伝える。無料券は二路が有花(中村優子)に渡したものである。二路は六花に会いに行く。

一路は1人で過去を振り返る。

一路は2017年3月に塾講師を辞めて時間を持て余している時に、瑞樹から聞いた五月の名前を思い出した。一路は五月の名前をネットで検索して、五月のSNSを見つけ、勤めているカフェも見つけた。その時、一路はカフェに行ったが五月に名乗り出ることは出来なかった。

しばらく経って、五月が喫茶シャバダバに入っていくところを見つけて、一路は見守るだけならと考えてシャバダバに通うことになった。

二路は六花と有花と買い物をしていると、有花と2人きりとなる。二路は有花に何があっても最後まで一緒にいると涙を流しながら話す。

一路はレンタルおやじ代表の村田(宮藤官九郎)と居酒屋で会う。一路は村田に生き甲斐の話をすると、村田は一路にレンタルおやじがあると話す。

コタキ兄弟と四苦八苦10話の感想

コタキ兄弟の父親が古滝零士で、演者が小林薫さん。小林薫さんは最近、別のドラマでも犯罪者(真相は子供をかばうための冤罪)の父親役をしていた。でも、零士は本当にクズオヤジ。父親がクズだったら子供は不幸ですね。今日は零士のことを含め一路や二路が過去を振り返っていたので、私も振り返りました。でも私の人生は古滝兄弟ほど深くない。浅い人生でハッピーです。私の人生ではドラマになりません。人生は浅くてさざなみ程度が起きるぐらいがいいのでしょうか?目指せ!浜辺人生です。海洋人生は避けたい!

コタキ兄弟と四苦八苦を見逃したらParaviで!

Paravi

見逃してしまった方は是非Paraviでご視聴ください!!

Paraviでまずは2週間無料体験!
他にも話題のドラマやバラエティ番組も楽しむことができますよ!!

Paraviを2週間無料体験

タイトルとURLをコピーしました