なつぞら30話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

なつぞら

なつぞら30話のあらすじ

第5週−6「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」

あらすじ

 約束の時間になっても咲太郎(岡田将生)は川村屋に現れない。心配するなつ(広瀬すず)に、光子(比嘉愛未)は、咲太郎は現れないだろうと諭す。そのとき、川村屋の扉が開く。現れたのは信哉(工藤阿須加)。心配するなつに信哉は、咲太郎が来られなかった理由を伝える。日が変わり、なつと富士子(松嶋菜々子)は、咲太郎が働いていた浅草を訪れていた。そこで咲太郎の知り合いであるダンサーから、新たな事実を告げられる…。

あらすじ(以下ネタバレ注意)

ついに咲太郎(岡田将生)と再会したなつ(広瀬すず)。

咲太郎は翌日の昼に川村屋でマダム(比嘉愛未)と会うことを約束した。

その日咲太郎は、芝居小屋で働く男が博打で勝ったというので金を貸して欲しいと頼むとその男は戦利品である時計を譲ってくれ質屋に向かった。

咲太郎は夜になっても現れなかった。

そこへ川村屋に慌てた様子の信哉(工藤阿須加)が入ってきて、咲太郎が盗品の時計を質屋で換金しようとして警察に捕まったという。

次の日3人は浅草に向かった。

芝居小屋の女性に話を聞くと咲太郎は泥棒ではなく、それを警察に証言したが駄目だったことを教えてくれた。

川村屋に帰ると、茂木社(リリー・フランキー)とマダムと共に見知らぬ男性が待っていた。

戦後のムーランルージュを再建した咲太郎の親分だと紹介された藤田(辻萬長)は、咲太郎は戦後のマーケットでうろうろしているところを亜矢美という女性に助けられたと話し始めた。

亜矢美(山口智子)はムーランルージュで働くダンサーで、そんな母親のいるムーランルージュを宝物だと思っていた咲太郎は戦後のムーランルージュを必死に買い戻そうとして騙され、10万円を金貸しから借りて持ち逃げされたのだ。

金を借りるときに新宿の誰かが保証人になったため、その金を取り戻すまでは戻らないという咲太郎。

その保証人、実は咲太郎の夢を買ったという川村屋のマダムだった。

そこへ信哉が来て、捕まった咲太郎はその時計を誰からもらったか証言せず、誰かをかばっているようだという。

そして、なつに咲太郎から預かったという手紙を渡した。手紙には、会うことができて嬉しかったことと共に、こんな兄のことは忘れて、北海道で幸せになれ。兄ちゃんもなつを忘れると書かれてあった。

その頃柴田家では、大樹(草刈正雄)が照男(清原翔)になつと結婚しろと迫っていた。

なつぞら30話の感想

逮捕された咲太郎

せっかく咲太郎と会えたというのに、逮捕されてしまうなんて…

しかも、咲太郎はなつに自分のことは忘れて北海道で幸せになれと言われてしまいました。

なつは慣れない東京へ来て、心の底から嬉しいこともあれば悲しいこともあって、心身ともに心配です。

しかし、唯一救いなのは咲太郎は光子を騙していないということと、時計は盗んでおらず、博打で得た時計を換金すればいいと言った芝居小屋の男のことをかばっているということです。

咲太郎は心根の優しい兄だと知ることができたことは、なつにとっても支えになると思います。

これから咲太郎がどうなるか分かりませんが、二人にとって最善の答えが出るようにと願います。

照男となつが結婚?!

突然、泰樹が照男になつとの結婚を迫りました。

これで正真正銘の親子になれるからって、あまりにも急で驚いてしまいました。

今まで兄として一緒に育ってきた人と結婚だなんて!と、なつも思うはずです。

新宿で心身ともに大変つらい思いをしているであろうなつに、急にそんな話をしないでよと泰樹さんに言いたいですね笑

混乱間違いなしの来週は、照男が天陽になつのことがどう思うか聞くシーンが!!どうなってしまうのでしょうか。

第5週「なつよ雪原に愛を叫べ」に続く…

 

なつぞらを見逃した…「U-NEXT」で動画配信中!


U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました