なつぞら68話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

なつぞら

なつぞら68話のあらすじ

第12週−2「なつよ、千遥のためにかけ」

あらすじ

 思いもよらなかった千遥の消息に、大きなショックを受けるなつ(広瀬すず)。咲太郎(岡田将生)や亜矢美(山口智子)のなぐさめにも、かたくなに心を閉ざしてしまう。翌朝、遅刻して東洋動画に出社すると、仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)、下山(川島明)ら、アニメーターたちが集まり、キャラクター検討会が行われていた。そこでなつは、仕上げていた常盤御前のキャラクターを提出するが…。

あらすじ(以下ネタバレ注意)

千遥が一人で辛い環境に置かれた後、消息不明になっていることにショックを受けたなつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)。

亜矢美(山口智子)はなつの部屋に行き、話を聞いた。

何のために生きているのか、自分だけ好きな夢を追っていいのかと言うなつに生きてる理由なんてどこにもない、自分で作るしかないと言った亜矢美。

咲太郎が亜矢美と入れ替わりで部屋に入ってきた。

俺があんな目に遭わせてしまったと謝り、どこかで生きていると励ます咲太郎に今すぐ探さないと絵なんて描けないとなつは言った。

しかし、だからこそ描かなくてはと咲太郎はなつに言い聞かせた。

父からの手紙の絵をいつか漫画映画を描きたいという夢を実現して千遥に見せてやれ、千遥のために絵を描けという言葉がなつの心に突き刺さった。

北海道では子どもの頃のなつが一人で泣いている夢を見たと不二子(松嶋菜々子)が目覚め、大丈夫だろうかと心配していると大人だから大丈夫だと剛男(藤木直人)が励ました。

朝起きると、信哉が買ってきたというケーキにローソクをさして咲太郎と亜矢美がハッピバースデーを歌ってなつを迎えた。

亜矢美の作ったおにぎりを持って出勤したなつ。

なつの出掛けた風車では咲太郎が千遥には本当に可哀想なことをしたと泣いていた。

会社ではキャラクター検討会が行われており、なつは遅れて参加することになった。

なつぞら68話の感想

千遥のために描く

千遥のことが心配で、自分だけ夢を追っては悪いと思い、自分の絵を思い切り描けずにいたなつ。

兄の咲太郎の言葉がしっかりと心に届いたようで良かったです。

千遥を捜しながら、千遥のためにも自分の夢も叶えようというなつ。

これまでよりも一層力強く歩んでくれることと思います。

しかし、遅刻はいかんよ!

咲太郎の兄としての強さに涙

兄として妹たちをどうにか支えようとする咲太郎の姿、良かったなぁ。

咲太郎もあまり自分を責めずに、なつに言ったように自分の夢も追ってほしいなと思います。

こんなときに亜矢美さんがいてくれて本当に良かったです。

自分を押し殺しすぎずに生きていってほしいです。

亜矢美さん、これからも咲太郎をよろしくおねがいします。

 

なつぞらを見逃した…「U-NEXT」で動画配信中!


U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました