同期のサクラ1話のあらすじと感想(ネタバレあり)【見逃し動画配信情報あり】

国内ドラマ
この記事は約10分で読めます。

この前の同期のサクラ1話を見逃してしまった。

どんなストーリーだったのかなぁ?

他の人の感想が知りたい!

あの俳優さんのあのシーンがもう一度見てみたい!!

そのような方々のお役に立てるような

情報をお伝えします!

同期のサクラを見逃したらHuluで!

hulu

同期のサクラはHulu見逃し配信がされます。
Huluは2週間なら無料で利用できます。
「1話から見たい」というあなたは下のボタンからお試しください

まずは無料で2週間huluを体験!

同期のサクラのあらすじ

同期のサクラ1話のあらすじを紹介します。

同期のサクラ1話のあらすじ

眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室。サクラの意識が戻ると信じて見舞いに訪れた菊夫(竜星涼)は、「自分にしか出来ないことをやるよ」と話しかけ、社会人2年目のある出来事に思いを馳せていた……。

2010年5月―。サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。その忖度できない性格は相変わらず。修羅場中の隣人カップルに空気を読まないクレームを入れたり、社内エレベーターで大声で電話する管理職風の上司に堂々と注意したり……。そして、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」というブレない夢も持ち続けていた。
その日、人事部では「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」という上からのお達しを、部長の黒川(椎名桔平)がすみれ(相武紗季)とサクラに丸投げする。「何故、残業してはいけないのか?」という疑問を黒川にぶつけるサクラだが「社員の健康と環境を守るため」という答えに納得すると早速各部署にメールを打ち始める。面倒な仕事は何でも押し付ける黒川と、意見をハッキリ言うあまりトラブルの種になりかねないサクラに挟まれストレスを感じるすみれだが、サクラと一緒に各部署に残業削減をお願いして回ることに……。

調子よく仕事をする都市開発部の葵(新田真剣佑)、男性社会の会社で不満と不安を隠しながら働く広報部の百合(橋本愛)、雑用ばかりで意見を聞いてもらえないことが不満の設計部の蓮太郎(岡山天音)、と同期の仲間たちと久々の再会をしたサクラ。それぞれの労働環境を熱心にメモしながら、営業部では多忙ながらもやりがいを感じている様子の菊夫に再会する。しかし、そこに菊夫の上司で営業部長の桑原が現れる。なんと桑原はサクラがエレベーターで注意した横暴な男。慌てたすみれが間に入り、角が立たないように残業削減を頼むものの、桑原は聞く耳を持たない。サクラは明るく振る舞う菊夫のことを不安げに見つめ……。

その夜、菊夫は担当する建設現場の工期を1ヶ月早めるよう桑原から無茶振りを受け、高圧的な桑原と悲鳴をあげる下請け業者の板挟みにあってしまう。問題を抱え込む菊夫は1年目にサクラに教えてもらった喫茶店へ。偶然来ていた同期のメンバーたちと顔を合わせ、社内でも有名な嫌な上司・桑原の下についたことに同情される。しかし、サクラだけはなぜか何も言わずにさっさと帰ってしまうのだった……。
1週間後。人事部では営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題に上がる。苦手な桑原を避けて自分から動こうとしない黒川に代わり、自分が営業に行くと申し出るサクラだが、思わぬ騒動を巻き起こしてしまい……。
心身ともに追い詰められた菊夫を助けるため、自分の夢を諦めないため、忖度しないサクラが進む道とは……!?

出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/

同期のサクラ1話のあらすじ(ネタバレあり)

物語は2019年4月1日朝、新元号が令和となる報道が流れていた。
ある病室の一室で割れた眼鏡をして倒れている北野サクラ(高畑充希)の姿が。
月村百合(橋本愛)は子供を抱え、土井廉太郎(岡山天音)、清水菊夫(竜星涼)、木島葵(新田真剣佑)は花村建設でそれぞれ自分の仕事をしていた。

夕方、4人は病院に集まった。
ベッドに寝ているサクラは、重い脳挫傷で意識が戻るのが難しい状態となっていた。
百合は心の中で、「お願い目を覚ましてサクラ、私たちはあなたがいない世界なんかに生きていたくない」と呟き、時は10年前の2009年に遡る。

2009年4月1日、サクラが花村建設に到着し、講壇では社長から新入社員への長い挨拶が始まった。社長は遠慮せずに言いたいことがあれば、言うようにと話す。するとさっそく、サクラは社長の話が長い事や、話の内容の間違いを、みんながいる前で物怖じせずに言った。

会場は騒然としたが黒川人事部長(椎名桔平)が上手くフォローを入れ事なきを得たサクラだった。
入社式が終わると、新人研修の説明が始まった。

研修は3週間、5人一組で班になり、日本の未来に残したい建造物の模型を作る。
この模型は研修最終日に社長と役員に審査受け、最も優秀な作品には社長賞が贈られるということだった。
サクラはD班の班長となり、班のメンバーは月村百合、木島葵、清水菊雄、土井廉太郎だった。

会場を出た廊下でサクラは4人の名前を呼びます。他の社員もいる中で4人は振り向き、サクラは挨拶をした。これがこの5人の出会いだった。

それぞれが簡単に挨拶をして別れようとした時、サクラはモノ言いたそうに口をすぼめて息を吸った。この仕草は、サクラが何か言いたい時の仕草で、このことによってこれから多くの事を巻き起こすこととなる。

サクラが明日からの事を打合せしましょうと言い出すと清水が今から親睦会でもと提案した。
親睦会の会場はサクラのおすすめの店・喫茶「リクエスト」となった。この店はリクエストがあれば何でも作ってくれるのだ。

サクラは1人だけウーロン茶、他の4人はビール。
5人の希望配属先の話が始まった。月村は広報、土井は設計、清水は自分を必要としていくれる部署、木島は都市開発部。サクラは土木部志望。
サクラの夢は故郷の新潟の美咲島に橋をかけることだった。

話が一段落し木島がもう一度が乾杯しようと声をかけた時、サクラは写真を撮りましょうとマイペースに言い出す。
写真を撮り終えると、サクラは足腰を鍛えるために歩いて帰ると言い、親睦会は終了した。

翌日から新人研修が始まった。
名刺の渡し方から始まり、現場作業研修まで内容は様々。サクラは重たいものも軽々と運ぶ仕事ぶりだった。
研修が終わり体がクタクタになったサクラ以外の4人は帰ろうとするが、サクラは4人を引き留めた。

サクラは最終日の模型審査の作るものを決めようと提案した。
仕方なく4人は話し合いに付き合う運びに。
模型はサクラが提案した橋を作ることになった。
サクラは絵が下手だったので、土井がサクラのイメージをデザインすることになった。

翌朝、土井はイメージを4人に見せた。非常にうまくできたのだが、サクラはいつも通り何の忖度もなく何度も修正依頼をするのだった。

模型作成に入るとサクラの不器用さも浮き彫りになる。模型が完成すると、サクラは色がないと言い出します。
サクラの頭の中には色のイメージあるのですがうまく引き出せなかった。そこで月村がアドバイスをし、サクラが納得する色が決定した。

次は、島がないと桜は言う。島を作る材料はなく、明日は休日ですがみんなで買い物に行くことになった。
買い物の合間にみんなでオープンカフェで休憩していると、サクラは表参道で仲間とこうやっておしゃべりするのが憧れだったと話す。

突然、サクラが人と車がないと言い出した。ここまでくるとサクラの行動にやや付き合い切れない感じの4人だったが、サクラはみんなで力を合わせれば大丈夫だと走り出した。

みんなで作業をしていると、気が付けば、もう外は暗くなっていた。
ここまでしたなぜ橋を架けることを夢見るのか、みんなに話すことになった。

ある日、サクラの母親が島の診療所で治せない病気になった。
しかし、悪天候のために船が欠航して島から出られなかったのです。しかし、母を助けるべく父が無理に船を出したために2人とも亡くなったという過去を話した。

木島はこの話を上手くまとめ審査のプレゼンで使うと言います。
サクラは自分の気持ちをうまく表現してくれた木島に感謝をした。
そして、ようやく模型が完成した。

しかし、帰り際、サクラは橋の耐荷重が足りないと言い出た。
補強をしようとサクラは言いますが、とうとう、月村が付き合いきれないと激怒し、サクラを突き放した。他の3人も同意見だった。

次の日、模型審査にサクラの姿はなかった。
黒川部長と社長がD班の橋の模型を見に来ると、黒川部長は橋の耐荷重を確認し始めた。
木島たちは困り果てていたが、そこへ1人で作り直した橋をもってサクラが現れた。

模型審査の結果、社長賞はF班となりましたが、サクラはこの決定にも異を唱え、サクラはA班の保育園がふさわしいと言い出した。さすがの黒川部長も社の決定に不服を訴えるサクラに激怒した。

研修が終わり、新入社員の配属が発表された。サクラの班は皆、希望した配属先へと配属されたが、サクラは希望する土木部ではなく人事部預かりとなってしまった。

木島たちは落ち込んでいるサクラに声をかける。するとサクラは「諸君、明日はもっといい物を作ろう」と自分の好きなガウディーの言葉を口にした。
サクラは4人に自分には夢があると話した。

10年前、5人の出会いを振り返る病室の4人だった。

同期のサクラ1話の感想

同期のサクラ1話の感想をご紹介いたします!

高畑充希はこういう空気が読めなかったりまじめが取り柄な役がとても上手だし似合うと思いました。目が大きいからか、目の演技が上手いです。
同期のみんながあまりにやる気が感じられないから少し見ていてイライラする部分もありましたが、サクラがちゃんとやり遂げた事で見ていてスカッとしました。それに自分がなかなか言えない事をサクラははっきり言ってくれるので羨ましく感じましたし、こういう人が側にいて欲しいと思いました。
そんなサクラが入院していてびっくりしました。また、同期に何があったか気になりました。最後にサクラの夢が叶うと良いと思いましたし、これから真剣佑がどう関係してくるのか楽しみです。30代女性

とても衝撃的なお話でした。
社長相手であっても全く気にすることなく、自分の思ったことを忖度なしで口にしてしまうサクラのような人は、周りにはいないし自分にも絶対にまねはできません。
実際に近くにサクラのような人がいたら、いつもいろんな意味でドキドキしてしまいますね。
ひたすらにただ良いものを作りたいと思い一生懸命行動しようとするサクラの気持ちもわかりますが、それに振り回されてイライラが募ってしまう同期の気持ちもよくわかります。
冒頭と最後に語られていた現在の彼らに至るまでの10年間の物語がとても楽しみです。
今期のドラマの中で、個人的には一番今後が気になるドラマになりました。30代女性

新入社員として入社した同期の仲間たちが一緒に頑張っている姿を見て、自分の昔を思い出して懐かしくなりました。でもサクラの空気を読まず、自分の思ったことを周りの人たちのことを気にせずに発言する姿にはビックリしました。間違ったことを言っているわけではないのですが、普通だったら言えない、言わないことを平気で言うので、そんな同僚や同期が身近に居たら迷惑かもしれないなと思いました。
でもこのドラマの中では同期の4人はサクラのことをなんだかんだ言いながらも、とても良く思っているみたいだったので、この先、どんな展開があってそうなるのか見てみたいと思いました。主役の高畑充希さんやその他のキャストの人たちの演技も良かったと思います。

40代女性
サクラは純粋な女の子という印象を受けがちですが社会人として内定を得たりするまでの道のりが見えませんでした。マイペースといえば聞こえはいいのですが、わがままで自分本意な部分が強いなというのが第一印象です。
空気の読めないキャラというのも高畑充希さんが同じく主演をされていた過保護のカホコを思い出してしまいます。
途中同期の女子といさかいが起こりましたが、結局仲直りもしないまま話が進んでしまったような点も少し残念でした。
とはいえまだ一話目ですし、これから同期5人の絆がどのように深まっていくのかは楽しみです。
冒頭のワンシーンからサクラの影響は強く、いさかいのあった女子も若者に注意をするなどサクラと仲違いしたままではないのだろうということもわかります。
サクラのことを気にかけている部長さんの存在も物語上重要に感じます。
サクラが人事部として故郷の橋とどのように関わっていくのかも興味があります。今後も要チェックです。

20代男性

同期のサクラを見逃したらHuluで!

hulu

同期のサクラはHuluで見逃し配信がされます。
Huluは2週間なら無料で利用できます。
「1話から見たい」というあなたは下のボタンからお試しください

まずは無料で2週間huluを体験!

同期のサクラの見逃し動画配信を無料で見るならHuluがおすすめ!
「同期のサクラ」が面白そう。 過去の放送分を見逃したんだけどどうすれば見れるのかな? ...

下記の記事でHuluについて詳しく解説しています。

Hulu(フールー)の口コミ、評判は?メリット・デメリットを利用者が語る!
特に予定がない日や、天気の悪い日など、動画配信サービスはとてもお手軽に楽しめて便利です。 家にいながら観たい映画をみられるし、もちろん、返却の手間だってありません。 数多くの動画配信サービスがあるけど、huluって実際どうなのかな? huluの特徴や、メリット・デメリットを知りたい! ここで.....
タイトルとURLをコピーしました