同期のサクラ2話のあらすじと感想(ネタバレあり)【見逃し動画配信情報あり】

国内ドラマ
この記事は約10分で読めます。

この前の同期のサクラ2話を見逃してしまった。

どんなストーリーだったのかなぁ?

他の人の感想が知りたい!

あの俳優さんのあのシーンがもう一度見てみたい!!

そのような方々のお役に立てるような

情報をお伝えします!

同期のサクラを見逃したらHuluで!

hulu

同期のサクラはHuluで見逃し配信がされます。
Huluは2週間なら無料で利用できます。
「1話から見たい」というあなたは下のボタンからお試しください

まずは無料で2週間huluを体験!

同期のサクラのあらすじ

同期のサクラ2話のあらすじを紹介します。

同期のサクラ2話のあらすじ

 眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室。サクラの意識が戻ると信じて見舞いに訪れた菊夫(竜星涼)は、「自分にしか出来ないことをやるよ」と話しかけ、社会人2年目のある出来事に思いを馳せていた……。

2010年5月―。サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。その忖度できない性格は相変わらず。修羅場中の隣人カップルに空気を読まないクレームを入れたり、社内エレベーターで大声で電話する管理職風の上司に堂々と注意したり……。そして、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」というブレない夢も持ち続けていた。
その日、人事部では「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」という上からのお達しを、部長の黒川(椎名桔平)がすみれ(相武紗季)とサクラに丸投げする。「何故、残業してはいけないのか?」という疑問を黒川にぶつけるサクラだが「社員の健康と環境を守るため」という答えに納得すると早速各部署にメールを打ち始める。面倒な仕事は何でも押し付ける黒川と、意見をハッキリ言うあまりトラブルの種になりかねないサクラに挟まれストレスを感じるすみれだが、サクラと一緒に各部署に残業削減をお願いして回ることに……。

調子よく仕事をする都市開発部の葵(新田真剣佑)、男性社会の会社で不満と不安を隠しながら働く広報部の百合(橋本愛)、雑用ばかりで意見を聞いてもらえないことが不満の設計部の蓮太郎(岡山天音)、と同期の仲間たちと久々の再会をしたサクラ。それぞれの労働環境を熱心にメモしながら、営業部では多忙ながらもやりがいを感じている様子の菊夫に再会する。しかし、そこに菊夫の上司で営業部長の桑原が現れる。なんと桑原はサクラがエレベーターで注意した横暴な男。慌てたすみれが間に入り、角が立たないように残業削減を頼むものの、桑原は聞く耳を持たない。サクラは明るく振る舞う菊夫のことを不安げに見つめ……。

その夜、菊夫は担当する建設現場の工期を1ヶ月早めるよう桑原から無茶振りを受け、高圧的な桑原と悲鳴をあげる下請け業者の板挟みにあってしまう。問題を抱え込む菊夫は1年目にサクラに教えてもらった喫茶店へ。偶然来ていた同期のメンバーたちと顔を合わせ、社内でも有名な嫌な上司・桑原の下についたことに同情される。しかし、サクラだけはなぜか何も言わずにさっさと帰ってしまうのだった……。
1週間後。人事部では営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題に上がる。苦手な桑原を避けて自分から動こうとしない黒川に代わり、自分が営業に行くと申し出るサクラだが、思わぬ騒動を巻き起こしてしまい……。
心身ともに追い詰められた菊夫を助けるため、自分の夢を諦めないため、忖度しないサクラが進む道とは……!?

出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/02.html

同期のサクラ2話のあらすじ(ネタバレあり)

清水菊夫(竜星涼)が病院のベッドで眠る北野サクラ(高畑充希)に声をかけ、話は9年前の2010年5月に遡る。

サクラはいつもの様に朝起きたあと、軽く体操をして、じいちゃんにFAXを送る。会社に行くために家を出たサクラは、途中で素晴らしい建物を見つけ、写真を撮った。
会社に着き、エレベーターに乗ると、満員のエレベーターの中で電話をする男がいた。サクラはいつもと変わらずその男に注意するのだった。

人事部に着いたサクラは、黒川部長(椎名桔平)から各部署の残業削減を火野(相武 紗季)と一緒に呼びかけるように指示を受けた。
営業部に着いたサクラは桑原部長(丸山智己)と会う。桑原部長は先ほどサクラがエレベーターの中で電話を注意した男だった。桑原部長の営業成績は社内トップだが、かなり強引な仕事のやり方をする。

サクラと火野が桑原部長に残業削減を頼むと、大きな声でい無理だと言い返された。この部署にはサクラの同期の清水菊夫がいる。菊夫の上司が桑原部長で、菊夫にとって大学の応援団の先輩でもある部長には、逆らえないという状況だった。

夕方、定時になり人事部は勤務終了となったが、営業部では仕事が続いていた。
桑原部長がクライアントから菊夫が担当する図書館建設を1か月前倒しして欲しいと電話を受けているところだった。
桑原部長は菊夫に建設業者に完成を早めるように行ってこいと強く言うので、菊夫は建設業者に頼みに行くのだが業者からは無理だと逆に怒られてしまった。

困り果てた菊夫は、喫茶店「リクエスト」に行った。
そこには同期のサクラ、月村(橋本愛)、木島(新田真剣佑)、土井(岡山天音)がいた。木島たちは社内でも悪評高い桑原部長の下で働く菊夫を心配していたが、菊夫は強がって、大丈夫だと答えるのだった。

翌日、人事部では残業時間の資料を見て、営業部が改善していないことを問題視していた。
黒川部長は桑原部長が苦手なので、サクラに営業部に残業削減を言いに行かせたが、桑原部長はサクラの態度に激怒し、人事部に行って黒川部長に文句を言い、大きな声で怒りをぶちまけ、営業部へ戻って行った。サクラは黒川部長から二度と営業部に行くなとくぎを刺されてしまった。

桑原部長はさらに菊夫に無理を言い出した。家に帰った菊夫に大学の先輩の接待をさせるために酒場に呼んだ。その場でも菊夫に無理にゴルフを薦めたり、車を買うように言う。

疲れ切った菊夫は次の日の昼に会社の食堂でサクラに会った。サクラは様子がおかしい菊夫を心配するのだった。
夕方、サクラは菊夫の残業を止めるため、菊夫を連れて会社を出ようとしている桑原部長に直談判する。忙しいは「心を亡くす」と書く…と話をはじめると桑原部長はさらに激怒してしまった。

菊夫は桑原部長に、俺とサクラのどちらの言うことを聞くんだと言われ、サクラに気を使いながら桑原部長を選んだ。サクラの目には苦しんでいる菊夫の姿が映った。

その夜、菊夫は倒れてしまった。サクラは電話でその知らせを聞き、菊夫がいる病院に急いだ。倒れた原因は過労。菊夫が目覚めた時、サクラは菊夫が担当している図書館の計画図を見ていた。

仕事の話になり、菊夫は「自分がなんのために働いているのか分からない」と話した。最後にサクラは菊夫にいい言葉が思いつかないと、励ましの言葉もなく帰ろうとするが、帰り際に「菊夫君は自分の弱さを認めることが出来たので大人になったと思う」と言った。

次の日、サクラが会社に行き、エレベーターに乗ると同期の木島、土井、月村がいた。3人は菊夫が倒れたことを知っていた。とそこへ、菊夫からサクラの携帯電話に「(桑原)部長に自分の考えを伝えにいきます」とメールが届いた。

木島たちは興味本位で菊夫のところに行くサクラについていった。
営業部に着いた4人は、桑原部長を隠れながら見ている菊夫を見つけた。菊夫にはまだ、桑原部長に自分の考えを伝える勇気がなかったのだ。そこで、菊夫に頼まれたサクラは菊夫のケツを思いっきり叩いた。勇気が出た菊夫は桑原部長に自分の考えを伝えに行くのだった。

話し終えた時、菊夫が担当している図書館の建設現場で水道管が破裂したとの連絡が入り、菊夫は現場に行くことになった。菊夫は現場の職人たちと一緒に水道管を直し、作業が終わった頃、サクラが差し入れを持ってやってきた。

水道管も無事に直り、職人たちは菊夫に図書館の完成を早められるように頑張ると言ってくれた。菊夫も職人たちに焦らずいい物を作るようにお願いした。サクラはその時に写真を撮った。

場面は現在に戻り、そこには変わらずサクラがベッドで眠っていた。
返事をしないサクラに9年前の出来事を話し、早く目覚めるように話しかける菊夫だった。

9年前のこの出来事の後、桑原部長はサクラが希望する土木部の担当役員に移動となった。

同期のサクラ2話の感想

同期のサクラ2話の感想をご紹介いたします!

営業部の桑原部長のように、人事部は利益を生む部署ではないことを妬む人もいるかもしれません。別のドラマでも営業部が経理部を同じように見下していたことを思い出してしまいました。
この関係は家庭でいうところの、収入を得てくる人と、家の事をやる人に似ていると思いました。どちらが無くても、会社や家庭が成り立つことはできません。
できるのであれば、両方の立場を経験すれば、それぞれの大変なところが見えてくると思いました。
今回のサクラの行動で間違いなく菊夫は救われたと思いました。
サクラの言葉はじいちゃんの受け売りなので、じいちゃんが凄いのかもしれません。50代・女性
新入社員研修をなんとか無事に乗り越えたサクラが配属されたのは人事課で、そこでもまたまた自分の思ったことをズバッという性格のサクラは相手に嫌な思いをさせたり、怒らせたりしてしまいます。
同じ職場にサクラみたいな人が居たら、迷惑じゃないかなと思いました。でも彼女のいうことは正しくて、普通は言えないようなことも多いので、本当に迷惑な人に対してハッキリ意見をしてくれるなら、「よくぞ言ってくれた」と拍手を送りたくなるかもしれないとも思います。
でもサクラと一緒のグループで新入社員研修を受けた4人の同期の社員たちはサクラのことを随分と慕っているみたいですから、彼女には人にはない魅力があるのかなと思います。同期の菊夫の上司はすごく嫌な人なので、サクラがズバッと意見してくれると良いなと思います。40代・女性
職場のパワハラが入社2年目の菊夫に襲いかかるのを見て、時代を感じました。
私の周りには桑原部長のようなあからさまなパワハラはないですが、もし私がパワハラされたら、菊夫ほど我慢できないですね。
でも、菊夫には、同期のサクラがいて助かりましたね
サクラみたいなマイペース人間は強いですね。ガラケーでメールのやり取りをするサクラと菊夫でしたが、ガラケーが懐かしかったです。
9年前の自分の生活や自分の仕事なんか思い出してしまいました。そういえば、もしかしたら私も部下にパワハラ発言してたかな?なんて、少し心配もしてしまいました。
ドラマを見て、自分の過去を振り返ってしまいました。40代・男性
非常にリアルな回でした。
2話目は2010年頃ですが、営業部部長の言動や行動は今では完全なパワハラ問題です。しかし、それが当たり前である風潮がありました。
営業マンは残業など関係なく外で走り回るのが当たり前、会社と現場の板挟みになり、それを毎日繰り返しています。
10年ほど前、若手社員が自ら命を失うというニュースに対してなぜなのか若いのにもったいないと思っていました。しかし、このような作品を目の当たりにすると、そうせざるをえなかったのも理解できます。
主人公サクラの真っ直ぐで強い信念は、サラリーマンに一番必要な思想です。しかし、それが実現できないのが企業の歯車の一部として働くサラリーマンでもあり、そこがむずかしいのです。
サクラはおそらく土木に配属されることになり、大けがによる昏睡状態であると推測しますが、最後は目を覚ましてくれると信じています。30代・男性

竜星涼くんの熱い芝居に心打たれ、表現力豊かだなと感じます。
一話で一年過ぎるので、新たな気持ちで見始めることができるのでとても新鮮です。
入社式の過ちと同様のことを一年経ってもしてしまっているところを見ると、本当に自分の夢に向かって頑張っているんだなと感じることでき、とてもよかったです。
また、サクラを手の上でコロコロ転がすことができる部長の有能さを垣間見ることができて面白かったです。
菊夫くんは可愛がられやすいからこそ仕事を押し付けられてしまうのがかわいそうで、一番辛いポジションを頑張り屋さんが担うことで過労死を招く根源になるのがとても心苦しかったです。

20代・女性

同期のサクラを見逃したらHuluで!

hulu

同期のサクラはHuluで見逃し配信がされます。
Huluは2週間なら無料で利用できます。
「1話から見たい」というあなたは下のボタンからお試しください

まずは無料で2週間huluを体験!

同期のサクラの見逃し動画配信を無料で見るならHuluがおすすめ!
「同期のサクラ」が面白そう。 過去の放送分を見逃したんだけどどうすれば見れるのかな? ...

下記の記事でHuluについて詳しく解説しています。

Hulu(フールー)の口コミ、評判は?メリット・デメリットを利用者が語る!
特に予定がない日や、天気の悪い日など、動画配信サービスはとてもお手軽に楽しめて便利です。 家にいながら観たい映画をみられるし、もちろん、返却の手間だってありません。 数多くの動画配信サービスがあるけど、huluって実際どうなのかな? huluの特徴や、メリット・デメリットを知りたい! ここで.....
タイトルとURLをコピーしました