なつぞら37話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

なつぞら

なつぞら37話のあらすじ

第7週−1 「なつよ、今が決断のとき」

あらすじ

 天陽(吉沢亮)に会いに行く途中、吹雪で立ち往生し、倒れてしまったなつ(広瀬すず)。目を覚ましたなつの目に飛び込んできたのは、狩猟生活を思わせる動物の毛皮や猟銃、木彫りの熊や彫刻だった。人里離れた森の奥で暮らす、阿川弥市郎(中原丈雄)と砂良(北乃きい)親子が、なつを助けていた。見知らぬ人に助けられたと思ったなつだったが、弥市郎と砂良は、あることでなつと接点を持っていたようで…。

あらすじ(以下ネタバレ注意)

吹雪の中倒れ込んでしまったなつ(広瀬すず)は夜中にある家で目を覚ます。

阿川弥市郎(中原丈雄)と砂良(北乃きい)親子の暮らす家だった。

砂良はなつが農業高校の演劇部に所属していることを知っていた。

それは阿川家に倉田先生(柄本佑)が話をしつこく聞きに来たからだった。

その頃、剛男(藤木直人)は天陽(吉沢亮)となつはどんな話をしてるんだろうと富士子(松嶋菜々子)に話していた。

妹にしか思えないと言った照男の気持ちがそれでよかったのかと言う剛男に、真剣に考えて出した答えだから照男も私たちも何も変わってないと答えた。

阿川家で木彫りの熊を見たなつはこれをどうするのかと聞いた。

帯広の土産物屋に持っていくと弥市郎は答え、東京で教師をしていたと自分の過去を話し始めた。

終戦後に東京から北海道へ来て、開拓はせずに木を掘って生計を立てているという。

砂良が焼けた魚を勧めた。

その魚はオショロコマだった。

なつはあなたが白蛇の化身のモデルで、だから助けてくれたんですねと興奮気味に言った。

空襲で砂良の母親を失って北海道へ来たという弥市郎に戦争を恨んでいるか聞くと、もちろん恨んでるし、この子の母親を思い出すたび怒りを思い出すと答えた。

怒りや悲しみはどうしたら消えるのかとの問いに、自分の魂と向き合い、消さずにそれを込めるんだと言った。

新たな絶望を生まないために木の中に閉じ込める、と木を彫る意味を示した。

夜が明ける前、なつは弥市郎と別れを告げて家へ向かって歩き始めた。

帰り道、朝日が昇る雄大な自然に立ち止まって涙を流した。

柴田家では、天陽が訪ねてきてなつはいるか聞いて大騒ぎになっていた。

自分が行けと言ったからだと慌ててなつを探しに行こうとする照男を落ち着ける柴田家の人々と天陽。

すると、遠くになつの姿が見えた。

なつぞら37話の感想

自分の魂と向き合い、それを閉じ込める

弥市郎の言葉です。

なつと同じく東京の空襲で大切な人を失った阿川弥市郎と砂良。

怒りや悲しみを消すのではなく、その想い閉じ込めるのだという。

新たな絶望を生まないために閉じ込めるという弥市郎の生き方は、なつに大きな影響を与えたのではないでしょうか。

なつは両親の死とどう付き合っていけばよいのかまだ分からず、探りながら生きています。

今回の出来事が両親の死と向き合うヒントとなり、アニメーションへの道へと導いていくんだろうと思います。

なつを想う北海道の人々との関係は?そして、芽生えた夢に向けてどのように進んでいくのか?

今週のなつぞらも面白そうです。

 

なつぞらを見逃した…「U-NEXT」で動画配信中!


U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました