なつぞら47話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

なつぞら

なつぞら47話のあらすじ

第8週−5 「なつよ、東京には気をつけろ」

あらすじ

 咲太郎(岡田将生)の勘違いによって、亜矢美(山口智子)が営むおでん屋・風車に連れてこられたなつ(広瀬すず)。そこで咲太郎の誤解を解くことができ、川村屋へと戻ることができた。なつは、東京に来ることになった本当の理由を咲太郎に告げる。その後咲太郎は、なつたちの付き添いで東京に来ていた雪之助(安田顕)から、なつが漫画映画を作るために東洋動画に入りたいと思っていることを知らされる…。

あらすじ(以下ネタバレ注意

一人で生きられると言って風車を出ていき、妹二人のことを忘れてたんでしょと咲太郎(岡田将生)に言ったなつ(広瀬すず)。

マダム(比嘉愛未)に謝って明日からも川村屋で働かせてもらうと決め、咲太郎を責める資格なんてなかったと謝った。

いいんだよと咲太郎が言うと、川村屋で咲太郎の借金など関係なく幸せに働いてるからと言って別れを告げた。

しかし、まだなつの話を聞きたいと川村屋の寮まで付いて来た。

仕方なく、雪之助(安田顕)と雪次郎(山田裕貴)の部屋へと案内した。

雪之助がバターせんべいを差し出し、北海道に買いに来てくれと言うと、北海道には行きたくないとすぐに断る咲太郎。

続けて、なつは北海道でさんざん辛い目にあって東京に来た追い出されたと言った。

誰から聞いたんだ、と自分が酔って言ったということも忘れて雪之助が怒り出した。

柴田家で本当に大切に育てられたということや夢があって東京に出てきたということを雪之助と雪次郎は話した。

そして、なつは漫画映画を作りたいと咲太郎へ話した。

子どもの夢を作りたいと自分の夢を語るなつの姿を見て、それで東京に出てきたのかと安心した咲太郎。

咲太郎もなつに自分の夢を話した。

ムーランルージュを復活させ、咲太郎を救った亜矢美(山口智子)を舞台に戻してやることだと言った。

帰り際、なつは咲太郎に佐知子(水谷果穂)さんが待っているみたいだったけれど、どうするのかと聞いた。

佐知子は疎開中に親をなくして苦労したから優しくしてあげてという咲太郎に、お兄ちゃんはあんまり優しくしないほうがいいと思うとつぶやいた。

咲太郎は同情と愛情の垣根がなく、困ったことに女の子に限って時々優しさが出すぎてしまうようだ

その夜、なつは咲太郎には咲太郎の家族がいるみたいで、どうやったらまた家族になれるのか今の私には分からないと悩んでいた。

北海道では、世話になった雪之助に富士子(松嶋菜々子)と泰樹(草苅正雄)が牛乳を持ってお礼に雪月を訪れていた。

ぜひ召し上がってもらいたいものがあると言って奥から運んできたのは、クリームソーダ。

銀座で流行っていたものだと話しているうちに、一気に平らげもう一杯とおかわりした泰樹だった。

川村屋に信哉(工藤阿須加)がなつを訪ねてきた。

信哉は新聞記者の試験には落ちてしまい、放送記者になることになったという。

新聞記者よりも大きな可能性があるかもしれないという信哉に、のぶさんも開拓者なんだねと嬉しそうななつ。

今日時間があるなら一緒に行って欲しいところがあると言って信哉を連れて行ったのは風車だった。

カウンターには藤正親分(辻萬長)が腰掛けており、二人の姿を見た亜矢美は何かご用?とぶっきらぼうに聞くのだった。

東映撮影所へ亀山蘭子付き人として行った咲太郎の横を東洋の社長である大杉満(角野卓造)が通った。

その人物が東洋の社長だと知るやいなや咲太郎は大杉の前へ出て行き、いきなり自己紹介をし始めた。

なつぞら47話の感想

少しずつ解けていく誤解

咲い太郎にやっと北海道で幸せに暮らしていたことや自分の夢を叶えるために東京へ出てきたことを伝えられたなつ。

本当にほっとしました。

あとは、亜矢美ですね。

なぜ信哉と風車へ向かったのかよく分かりません。

しかも、亜矢美の態度が冷たくなっていましたよね。

どうなるんでしょう。

藤正親分が風車にいたこともどう関係していくのか、明日の放送が楽しみです。

笑顔の泰樹に一安心

雪月でいつものように何でも言い合って笑い合う泰樹とよ。

この姿を見て視聴者みんなが一安心したのではないでしょうか。

なつを背中で見送り、牛の前で泣いていた泰樹…笑顔が見られて本当に嬉しかったです。

しかもクリームソーダを一気に平らげてしまうなんて可愛い。

実はちょっとお茶目なんですね。

 

また泰樹さん出てきてほしいなぁ。

 

なつぞらを見逃した…「U-NEXT」で動画配信中!


U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました