なつぞら88話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

なつぞら

今日のなつぞら見逃してしまった。

どんな内容だったのかな?

他の人の感想が知りたい!

あの俳優さんの今日のシーンがもう一度見てみたい!!

そのような方々のお役に立てるような

情報をお伝えいたします。

なつぞら88話のあらすじ

第15週−4「なつよ、ワクワクが止まらない」

あらすじ

 咲太郎(岡田将生)は、劇団を辞めて声優のプロダクションを立ち上げるとなつ(広瀬すず)に宣言する。咲太郎は、所属第1号の蘭子(鈴木杏樹)とともに、雪次郎(山田裕貴)やレミ子(藤本沙紀)に声優という仕事の可能性を語る。季節が巡り、制作の期限が迫ってきた初夏。東洋動画では、短編映画のストーリーがなかなかまとまらず、なつは、麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)らとともに生みの苦しみを味わっていて…。

あらすじ(以下ネタバレ注意)

なつ(広瀬すず)が短編映画制作に夢中な日々を過ごしていたある日の夜、風車へ帰ると蘭子(鈴木杏樹)やレミ子(藤本沙紀)、雪次郎(山田裕貴)に茂木社長まで来ていた。

咲太郎(岡田将生)はなつに、東洋動画で声優活動をしてから吹き替えの声優の仕事がたくさん来るようになったと話した。

蘭子(鈴木杏樹)と放送局を回るうちにこれはチャンスだと思い、劇団を辞めて声優のプロダクションを立ち上げることにしたと報告する咲太郎。

蘭子が第一号となり、レミ子と雪次郎も声優として所属するが劇団は辞めずに続けるという。

食べることができない俳優の救いにもなる、日本の劇団と俳優を救うんだと意気込む咲太郎にいいところに目をつけたと茂木社長は背中を押した。

藤正親分(藤田正士)も褒めていたと話していると、そこへ藤正親分が咲太郎に頼みがあると言って二人の男を連れてやってきた。

それは師匠と呼ばれている下貫と松井という名の男だった。

新しい劇場を作るならこの二人を入れてくれということだったが、この松井という男のせいで咲太郎は警察に捕まる羽目になったことがあった。

あの時は悪かったと謝る松井にそのことはいいが…と渋る咲太郎だったが、藤正親分はとにかく面倒を見てくれと言われ、二人をプロダクションに入れることを決めた。

季節は初夏になった。

なつたち短編映画制作班は、ヘンゼルとグレーテルのストーリーが固まらずに産みの苦しみを味わっていた。

このままだと上からもう作るなと言われかねないと焦る下山(川島明)にあと一歩だと前向きななつ。

しかし、麻子(貫地谷しほり)は所詮絵かきだと弱気だった。

作画しながら考えるのはと神地(染谷将太)が提案するが、先が見えないのにどうやって長さを測るのかと麻子に反対された。

しかし、長くなったら削ればいいと諦めずに言う神谷。

時間と労働の無駄とバッサリ言い切られ、はい…と言うしかなかった。

悪魔を裏切り味方になった魔女はヘンゼルとグレーテルと共に森へと逃げるが、悪魔のオオカミが追ってくる、その後森で何が起こるか…と考える坂場。

子どもたちが森を信じられるかということが大切だと言った。

それは、自分の生きる世界や生活を信じられるかということで、どんなに恐ろしい世界でもそこに生きるものが味方だと信じることができれば子どもたちが未来を信じることができると自らの考えを話した。

つまり、森を味方にすることだという。

その日夜遅くまで十勝を思い浮かべながら森のイメージを描いていたなつは途中で寝てしまった。

吹雪の日に森で弥市郎(中原丈雄)に助けられたあの日のことを夢見ていたなつ。

雪の中に倒れたなつは、抱き上げられた。気が付き、目を開けるとなぜか坂場に抱き上げられていたのだった。

うなされていたなつを心配した坂場が肩をたたいた。

目覚めたなつはその夢でなにか思いついたと坂場に言った。

それは”魔法”で、魔法で森にある一本の木を怪物に変えたらどうかという案だった。

夢に出てきた弥市郎の”自分の魂を木の中に込める”という言葉を思い出したなつは、思いついた物語を話し始めた。

木の怪物がヘンゼルとグレーテルを守り、その怪物は魔女の魂が森の木に宿ったもの。

その木に守られたら森を味方につけたことになりませんか?と言うなつに、あなたを信じましょうと坂場が答えた。

なつはイメージを描き、坂場がストーリーを作るという二人の作業は朝まで続いた。

朝になり下山班のみんなが集合すると、なつが短編映画の最後までのストーリーを伝え始めた。

木の怪物が悪魔の塔を倒すと、がれきの中から食べられた子どもが蘇る。すると、木の怪物がその塔があった場所で静かにまた動かなくなり、そこで鳥たちがその枝に止まる。木漏れ日が降り注ぎヘンゼルとグレーテルを包み込む。森に平和がやって来た…完!

面白い!神地の声が響いた。

これで進めてくれという下山の言葉を受け自分の机に戻る一同だったが、麻子は小さなため息をついた。

お互いありがとうと言い合うなつと坂場だった。

なつぞら88話の感想

咲太郎新たな道へ!

咲太郎が新しい道への一歩を踏み出そうとしていますね。

これからテレビが一家に一台の時代が来るということで、良いところに目をつけたようです。

へんてこな二人組を入れてしまいましたが、これからどうなるのでしょうか。

何もややこしいことが怒らないことを祈ります。

そして、いつかムーラン・ルージュを復活させて亜矢美と咲太郎が舞台の上で踊る日が来ますように!

二人で徹夜作業!

ヘンゼルとグレーテルの物語がやっと完成?しましたね。

なつと坂場は熱い思いで日々奮闘していますね。

これで二人の距離が近くなるのでしょうか?

  • NHKオンデマンドと提携しているキャンペーンから登録すれば無料で見ることができる(初回登録のみ限定・31日間)
  • 他にもたくさんの作品を楽しむことができる

U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました