なつぞら49話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

なつぞら

なつぞら49話のあらすじ

第9週−1 「なつよ、夢をあきらめるな」

あらすじ

 アニメーターを目指して東京にやってきたなつ(広瀬すず)は、東洋動画の入社試験を受けることに。受験当日、受験人数の多さに圧倒されるなつ。絵の試験に続き、面接に臨むと、かつて帯広の映画館で見た大杉社長(角野卓造)の姿が。なつは自身の境遇について語り、大杉社長は奥原なつの名前に、なにかを思い出す。試験後、川村屋に戻ったなつは、光子(比嘉愛未)から手ごたえを聞かれるが…。

あらすじ(以下ネタバレ注意

いよいよ臨時採用の試験の日を迎えたなつ(広瀬すず)。

まず作画試験が行われ、馬が柵を飛び越えるまでの絵を3時間で描くというものだった。

なつは天陽(吉沢亮)が小学生の頃描いていた馬の絵や天陽の言葉を思い出していた。

次に面接試験が行われた。

本当の両親は戦争で亡くし、戦災孤児だったこと、育ての親は北海道にいること、今は兄が東京にいることを伝えた。

兄、奥原?と言い、大杉社長(角野卓造)は咲太郎のことを思い出した様子だった。

絵の勉強はどこでしたかという問いに、牛飼いをしながら自分の絵を描いている友達に教わったと答えた。

なつの描いた絵を見てこんなに高く飛ぶ馬を初めてみた、面白いと評価した大杉社長。

嬉しくなったなつは帯広の映画館で見た大杉社長の新人募集の映像を思い出し、私もあんなの見たことがなくて面白かったですと言ってしまった。

あんなの?と真顔の大杉社長は、もう結構ですと言い面接は終わった。

面接の失敗にため息をつきながら川村屋帰り着いたなつ、光子に手応えを聞かれたなつは分からないと答えた。

東洋動画スタジオでは、アニメータの仲(井浦新)と井戸田(小出伸也)が採点をしていた。

仲は井戸田になつの絵を差しだすと、井戸田は絵は下手な方だけど面白いと評価した。

その日の夜風車へ行くと、茂木社長(リリー・フランキー)の姿が。

亜矢美(山口智子)に咲太郎のことを聞くと、まだだから座って待つようにと言った。

すぐに咲太郎は現れ、試験の手応えについて聞かれた。

少し間はあったが、自信はある、精一杯やったから大丈夫だと思うと言った。

そして、結果が届く。

急いで部屋に戻り、封筒を切って結果を見たなつ。

なんと…

それは不採用の通知だった。

なつぞら49話の感想

試験結果となつ

さて、なつに不合格通知が届いてしまいました。

てっきり合格して明日から東洋映画で働く準備に取りかかるもんだと思っていたので心が付いていきません。

多くの人が同じ思いだったようです。

なつは自信があると言っていましたが、この結果を受け入れることができるのでしょうか。

きっとこの不合格という結果は、何かしら意味があるのではないかと思います。

これからどういう風に話が進んでいくのか楽しみです。

 

なつぞらを見逃した…「U-NEXT」で動画配信中!


U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました