なつぞら64話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

なつぞら

なつぞら64話のあらすじ

第11週−4「なつよ、アニメーターは君だ」

あらすじ

 なつ(広瀬すず)たちが制作した「白蛇姫」のアフレコを咲太郎(岡田将生)の劇団の女優、亀山蘭子(鈴木杏樹)が担当することになる。アフレコの現場を見たなつは、自分が関わったアニメーションを見ると…。アフレコの見学のあと仲(井浦新)に感想とお礼をいうなつ。すると仲からある言葉をかけられる。それを聞いたなつは、驚いてしまい…。

あらすじ(以下ネタバレ注意)

なつぞら64話の感想

「白蛇姫」は最後の段階のアフレコ作業だけとなり、作画課もやっと落ち着いていた。

なつ(広瀬すず)は仕上課での仕事をこなしながら動画を描きあげ、仲(井浦新)に見て欲しいと渡していた。

仲はその動画を麻子(貫地谷しほり)の元へ持っていき、見て欲しいと頼んだ。

動画の量に驚く麻子に、とにかく描くのが早いと仲は言った。

どうして私が見るのかと聞く麻子に、なつの才能に初めて気づいたからだと仲は答えた。

中庭で昼食を食べながらデッサンをするなつは、出てきた仲に自分の動画はどうだったかと聞いた。

その絵は違う人に見てもらってると話を早々に終わらせ、咲太郎はまだ赤い星座に所属しているのかとなつに聞いた。

白蛇姫のアフレコを担当していた役者とうまくいかず、新たに立てた役者が赤い星座に所属している蘭子(鈴木杏樹)になったと話した。

アフレコの現場には蘭子と豊富遊声(山寺宏一)がおり、露木(木下ほうか)が様々な指示を出していた。

蘭子の声にそんな”やり手ババァ”みたいな声ではないと露木は注意し、何度もやり直しさせるが蘭子は赤い星座のためだと一生懸命に取り組んだ。

休憩時間に仲となつが見学にやってきた。

その頃、麻子は仕上課へ富子(梅舟惟永)を訪ねて来ていた。

麻子はなつは優秀かと聞くが、富子はそうでもなく仕事がとにかく遅いと言った。

仲には早いと聞いたのに…と疑問に思う麻子。

富子になつはただの素人なのか天才なのかどっちだろうかと質問した…

アフレコの現場を目に涙をためながら見学したなつは、仲に夢を現実に見ているみたいだったと言った。

そんななつに次の作品の制作が決まった、また動画のテストを受けてみないかと仲は聞いた。

その言葉に目が輝くなつだった。

ただの素人か、天才か…

ズバッと思ったことを言う麻子がこんな風に言うなんてすごいですよね。

何かちょっとひっかかる、なつだけの魅力があるんでしょうね。

なつの才能に技術が追いつけば素晴らしいアニメーターになるんだろうなぁと思いました。

また動画のテストがあるということで、憧れのアニメーターになれるかもしれません!

次こそ頑張れなっちゃん!!

 

なつぞらを見逃した…「U-NEXT」で動画配信中!


U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました