なつぞら65話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

なつぞら

なつぞら65話のあらすじ

第11週−5「なつよ、アニメーターは君だ」

あらすじ

 東洋動画のアニメーター・仲(井浦新)から、再びテストの機会を与えられたなつ(広瀬すず)。風車に帰ると、咲太郎(岡田将生)が亜矢美(山口智子)と雪次郎(山田裕貴)に、漫画映画のアフレコを見て、そこでしかない芝居が生まれたと熱く語っていた。日が変わり、いよいよなつは試験の日を迎える。仲や井戸原(小手伸也)らアニメーターたちを前に、なつは動画用紙に鉛筆を走らせて…。

あらすじ(以下ネタバレ注意)

なつぞら65話の感想

再び動画のテストを受けることになったなつ(広瀬すず)は、風車でそのこと亜矢美(山口智子)や咲太郎(岡田将生)、雪次郎(山田裕貴)に伝えた。

そこへカスミ(戸田恵子)とレミ子がやって来た。

レミ子は人形の家を見て感動し、新劇がやりたいと告白した。

咲太郎は応援する背中を押し、雪次郎は羨ましそうだった。

亜矢美はそんなみんなの姿を見て笑っていた。

そして再び、試験の日がやってきた。

なつは泰樹(草刈正雄)からもらった懐中時計から力をもらい、最後まで描ききった。

動画で肝心な線の綺麗さと正確さが短期間で上達していると評価を受け、アニメーターとしての可能性があるということでなつの合格が決まった。

麻子もなつを推していたからお礼を言っておきなさいと仲が言うと、なつは早速作画課を訪れた。

麻子の元へ一目散に向かい、ありがとうございましたと伝えた。

その言葉にがんばりなさいよと麻子が言うと、みんなが拍手をしてなつを迎えた。

なつは泰樹への手紙に、次に会う時までにどんなに小さい道でも自分の大切な道を誇れるように示したい、大好きなじいちゃんはいつでも私の一番の誇りですと書いた。

なつの部屋に洗濯物を持っていった亜矢美は、鏡の前で帽子をかぶり踊るのだった。

なつと咲太郎はマダム(比嘉愛未)の元を訪れた。

咲太郎はマダムへ最後の支払いを持ってきた。

なつはアニメーターになったことをマダムと野上へ伝えた。

海外の映像を日本人が吹き替えている映像が流れていた。

それを見て面白そうだと目を輝かせる咲太郎だった。

とうとうアニメーターになったなつ

やっと憧れのアニメーターになることができましたね。https://twitter.com/1968Wizard/status/1139317410354225152

これからどんな風になつが成長していくのかとても楽しみです。

麻子も認めてくれたようでこちらまで嬉しくなりました。

麻子との関係や仕事内容も楽しみですね。

 

なつぞらを見逃した…「U-NEXT」で動画配信中!


U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました