なつぞら86話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

今日のなつぞら見逃してしまった。

どんな内容だったのかな?

他の人の感想が知りたい!

あの俳優さんの今日のシーンがもう一度見てみたい!!

そのような方々のお役に立てるような

情報をお伝えいたします。

なつぞら86話のあらすじ

第15週−2「なつよ、ワクワクが止まらない」

あらすじ

 なつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)が東京に帰ってきた。二人は、十勝での出来事を亜矢美(山口智子)に報告。亜矢美は、千遥の心の内にあるものを察し、落ち込む二人を元気づける。翌日、なつが東洋動画に出社すると、下山(川島明)、麻子(貫地谷しほり)、坂場(中川大志)から、宿題だった短編映画の企画案を求められる。そこでなつが、帰省中にヒントを得た企画について話しだすと、皆興味を持ちだし…。

あらすじ(以下ネタバレ注意)

なつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)が東京に帰り、風車で亜矢美(山口智子)に十勝であったことを話した。

それだけ二人のことを思ってくれているということだと亜矢美は言って聞かせた。

そんな結婚をして幸せになれるのかとつぶやくなつに、自分で決めたことならどんなことがあったとしても大丈夫、もしだめだとしても今は北海道というものがあると言った。

一週間ぶりに出社したなつは下山(川島明)と麻子(貫地谷しほり)、坂場(中川大志)を前に、宿題だった短編映画の企画案について話し始めた。

ヘンゼルとグレーテルはどうかと提案し、その理由を問われたなつ。

自分たち兄妹が戦争孤児になったこと、兄も生き別れの妹も皆それぞれ色んな人に助けられながら今日まで生きてきたことがヘンゼルとグレーテルの物語の内容と重なり、困難と戦って生きていく子どもの冒険を描きたいと思ったということを伝えた。

その話を聞いて3人共賛成し、ヘンゼルとグレーテルで企画を進めていくこととなった。

しかし、実際にどう面白くするか考えていかなければいかず、脚本家を立てないという坂場と麻子は話が合わないため、すんなりと進みそうにない様子だった。

いつものように桃代(井原六花)とお昼を食べるなつは、原画を任されたがどこまでできるか分からないと弱音を吐いていた。

そんななつを励ます桃代。そしていつものように坂場とはうまくいきそう?かと聞いた。

そんな桃代にイッキュウさん(坂場は一久なので)というあだ名を披露し、この人がいればきっといい作品ができそうだと安心すると言った。

もしかして好きになった?と聞くが、そんな意味はないと頑なに首を縦に振らないなつだった。

その日の晩、坂場がなつに相談があると風車を尋ねて来た。

企画書を書いているが相談をしたいとその場で話を始めようとする坂場を自分の部屋へと案内したなつ。

千遥の写真を見た坂場に会うことはできなかったけれど手紙と絵を残したと言い、絵は私達兄妹にとってヘンゼルとグレーテルが落としていったパンで帰り道を示すための道しるべだとある人に言われたと話した。

相談はあらすじのことで、魔女を焼き殺すという残酷な最後でいいのかという点だった。

実はなつも一番引っかかっている場所だったと言い、二人は自分の意見を言い合い考えた。

殺さずに逃げるのはどうか、魔女が追ってきたらどうするか、自由や未来を奪うような社会の理不尽さのようなものとどう戦うか…

話し合いが終わったとき、これは君が作るべき作品だ、必ずこの企画を通すと言ってそそくさと帰っていく坂場だった。

なつぞら86話の感想

必ず企画を通すと意気込む坂場

なつの話を聞いて、君が作るべきだと意気込む坂場。

その姿を見て何だか心が動いてしまいそうななつでしたね。

さて、なつ達の考えるヘンゼルとグレーテルはどのようなあらすじになるのでしょうか。

この企画が通ったらますます二人の仲は縮まるかもしれませんね、楽しみです。

  • NHKオンデマンドと提携しているキャンペーンから登録すれば無料で見ることができる(初回登録のみ限定・31日間)
  • 他にもたくさんの作品を楽しむことができる

U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました