Heaven?〜ご苦楽レストラン〜1話のネタバレと感想【見逃し動画配信情報あり】

国内ドラマ

この前のHeaven?〜ご苦楽レストラン〜1話を見逃してしまった。

どんな内容だったのかな?

他の人の感想が知りたい!

あの俳優さんのあのシーンがもう一度見てみたい!!

そのような方々のお役に立てるような

情報をお伝えいたします。

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜を見逃したらパラビで!

Paravi

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜はParavi(パラビ)で見逃し配信がされます。
Paraviは30日間なら無料で利用できます。

他にも話題のドラマやバラエティーも楽しむことができますよ!!

Paraviを30日間無料体験

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜1話のあらすじ(ネタバレあり)

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜1話のタイトルは、

「une 予測不能!オーナーのための店オープン」

全くバラバラな境遇のスタッフ達によって、これから先レストランはどうなっていくのか?

オーナーには一体何の狙いがあるのか?これからの展開が気になります・・・!

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜1話のあらすじ

フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、真面目な性格で営業スマイルができないため、仲間からも客からも全く評価されていなかった。しかし、そんな彼を高く評価する女性が現れる。その謎の女性は黒須仮名子(石原さとみ)。彼女は近々オープンするという自分のフレンチレストランに伊賀をスカウトする。「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」という言葉に心を打たれ、彼女の店で働くことを決意する伊賀。だが、そのレストランは駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中に佇む店で、しかも彼女が集めた従業員は、元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳)、牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、人に言えない秘密を抱えている不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則)、資格取得が趣味の元・銀行員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)と、小澤以外はフレンチ未経験の素人ばかり。仮名子はなぜそんな彼らを集めたのか?果たして、店は無事にオープンできるのか?

https://www.paravi.jp/watch/42716

あらすじ(以下ネタバレ注意)

謎の紳士(舘ひろし)のナレーション

レストラン「ロワン・ディシー(この世の果て)」は、どの駅からも、繁華街からも、住宅地からも、利益からも遠く、何より、理想のサービスからほど遠かった。果てしなく。

 

伊賀観(福士蒼汰)は、何もかも普通のフレンチレストランで働いていた。

真面目な性格で営業スマイルができないため、仲間からも客からも全く評価されていなかった。

サービス業だって、笑いたくないときは笑う必要なんてないの。

ある日、謎の女性・黒須仮名子(石原さとみ)から、近々オープンするという自身のレストランで働かないかとスカウトされる。

レストランに一番必要なことは、距離感。スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなた、きっといいサービスマンになるわ。

その言葉に心を打たれ、伊賀はその店で働くことを決意する。

 

翌日、伊賀は仮名子に渡された地図のメモを辿ってレストランにやってきたが、そこは駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中に佇む店だった。

しかも彼女が集めた従業員達は元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳)、牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、人に言えない秘密を抱えている不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則)、資格取得が趣味の元・銀行員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)と、小澤以外は全くの素人ばかりで、皆揃って諦観の笑みを浮かべていた。

伊賀自身も、仮名子が伊賀をスカウトしたことは他に何人も声をかけたうちの一人に過ぎなかったと知り、思わず諦観の笑みを浮かべてしまう。

諦観:物事の本質を見極め、察し、諦めること。

レストランの中はとても近々オープンできる状況ではなく、従業員達も「別のテナントを借り直しましょう!」と提案するが、仮名子は既にオープニングパーティーのDMを知人に出しており、それは無理だと言う。

完全な準備不足の中、従業員達はオープンに向けて奔走することになった。

 

〜オープンまで73時間〜

寝ずに作業をしていた従業員達をよそに経営理念すら考えていない仮名子に、従業員達は呆れた様子で「この店のビジョンは何か?」と問いかける。

スカウト時、仮名子は従業員それぞれに「レストランで一番大切なことは・・・」と口説き文句を使っていた。その時は皆に別の答えを言っていた。

この場では「たくさんお酒が飲めることよ!」と答える仮名子。

言ってたことと違うではないかと困惑する従業員達に、仮名子は「それぞれ違って良いのよ」と特に気にすることのない様子。

さらに仮名子が世の中のフレンチレストランに対する不満から、勢いだけでレストランを始めたのではと思い、ますます不信を募らせるのであった。

 

〜オープンまで67時間〜

サービス担当となった元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳)、牛丼屋・居酒屋・ピザ屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、資格取得が趣味の元・銀行員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)はフレンチの経験一切なし。

さらにオーナーの仮名子もフレンチは食べる専門で経験はないと知った伊賀は、唯一の経験者として自分がサービスの要としてこの店を引っ張っていく決心をする

 

〜オープンまで47時間〜

オープンに間に合わせようと準備を進める中、トイレがまだ未完成なため保健所の営業許可がおりないことを知る

焦った従業員達だが、隣接する葬儀場のトイレを使わせてもらえることになっている、という伊賀の機転の効いた嘘でことなきを得る。

勝手なことをしてしまって怒られると思った伊賀だったが、仮名子は意外にも「大丈夫よ」と答える。

今までとは違う反応に伊賀は仮名子に認められたのかと思ったが、仮名子はただトイレになるはずだった場所をオーナー室にしたかっただけだったと知り、結局は自分のためだったのかと伊賀は思わず呆然としてしまう。

そんな中、人に言えない秘密を抱えている不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則)の試作料理はやはり格別で、口にした全員がその味を讃えた。

 

〜オープンまで24時間〜

オープン前日にして、仮名子の伝え忘れで明日のオープニングパーティーはシッティングではなく立食パーティーであることが判明。しかも300人・・・!

仮名子に振り回される従業員達は、もう明日のオープンには間に合うわけがないと途方にくれる。

そんな中で伊賀は、仮名子の知り合いばかりが集まる場なら、たとえ充分なことが出来なくとも、仮名子の面白さを活かしたパーティーができれば良いのでは?と提案する。

 

〜オープンまで2時間〜

何とか準備も整ったというところで、店のエアコンが全く動いていないということが判明。

仮名子が倹約のため準備中は使用禁止にしていたため、気づけなかったのだ。

この日は氷と扇風機で何とか凌ぐことにし、遂にオープンの時間を迎える。

しかし、オープンから2時間経っても、現れるのは石材屋さんをはじめとする仕入れ先の人ばかり。

おかしいと思う従業員達であるが、「パーティーはスタートできた。悪いのは来ない客!」と仮名子は全く気にもしない。

そして、よくよく招待状を見てみるとそこに書かれた日程は4月31日。(4月は30日まで)

招待状を送った日は4月1日のエイプリフールでもあったため、皆、そんなパーティーなんて嘘だ、と本気にしていないかったのだ。

仮名子は急いで知人達に連絡を入れ、ようやく客も集まり始めパーティーらしくなってゆく。

しかし、仮名子にエアコンを直すように指示されていた元・銀行員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)が、エアコンのブレーカー見つけスイッチを入れた瞬間、吹き出し口から5年分のホコリが一気に吹き出してしまう。

パーティーは台無しになってしまったと思われたが、「こんなに美味しいものは食べたことがなかった!」と、以外にも客からの反応は良いものであった。

仮名子が言っていた、レストランに必要なこと。

距離感、味、経営、非日常、快適な空間。

一つ一つを従業員が担っていくことで、理想的なレストランが生まれる。

一人一人は不十分でも、皆がオリジナリティーを発揮することで、ロワン・ディシーらしさが生まれる。

全てはオーナーの言う通りだったと改めて気付いた伊賀に対して、仮名子はこう返す。

完璧な人が集まった方がいいに決まってるじゃない?上から順番に声を掛けた結果、集まったのがこのメンバーなんだからこれで行くしかない!

伊賀は諦観の笑みを浮かべるしかないのであった。

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜1話の感想

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜1話の個人的感想とTwitterでの反応をご紹介します。

仮名子にスカウトされて集まった従業員達のドタバタ劇と、仮名子のある意味清清しいとも言える一貫したブレない態度が対比的に描かれていて、この先どうなっていくのか気になりますね。

石原さとみの役に溶け込む演技力の高さ

さすが、石原さとみさん。役のハマりっぷりがとても好評です。

原作を知っている人にとっても納得の演技のようですね。

個人的には、どんな状況でも常に美味しそうに料理を頬張る姿も、純粋に可愛くてとても好きです^^

各所に散りばめられた細かな演出

途中気付いた方もおられるかも知れませんが、

保健所の職員を葬儀場のトイレに案内する際のシーン。

途中通過した祭壇の写真はサンシャイン池崎・・・?

イェーーーイ!だから、遺影・・・??笑

 

また序盤、レストランにきたばかりの伊賀に、如月くん?と名前を間違えるシーン。

狙ってかどうかは定かではありませんが、わかる人にはわかる、この細かさ。笑

度々出てくる”諦観”と頭の上から心の声

オーナーに振り回される従業員達が、度々浮かべる”諦観”の笑み。

諦観とは・・・物事の本質を見極め、察し、諦めること。

あまり聞き慣れない難しい言葉ですが、何だか自分も明日から使いたくなるワードです。笑

日々仕事中なんかでも、諦観したくなる場面って結構ありますよね。

また、心の声を表現するときの、頭の上に魂のような顔が浮かび上がってくるあの演出。笑

正直、私は幽霊みたいでびっくりしました。笑

このあたりは、原作の漫画の演出を忠実に再現した結果のようですね。

演出に関してTwitterでは批判的な意見も多く、賛否両論のようでした。^^;

ナレーションの謎の紳士は舘ひろし!

この謎の紳士の正体が、今後の展開に大きく関わってきそうです。

一体何者なのか、気になるところですね・・・!

2話もお楽しみに!

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜を見るならパラビで!

Paravi
Heaven?〜ご苦楽レストラン〜はParavi(パラビ)で見逃し配信がされます。
Paraviは30日間なら無料で利用できます。

他にも話題のドラマやバラエティーも楽しむことができますよ!!

Paraviを30日間無料体験

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 の見逃し配信をしているVODサービス
「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」が面白そう。 過去の放送分を見逃したんだけどどうすれ...
タイトルとURLをコピーしました