Heaven?〜ご苦楽レストラン〜2話のネタバレと感想【見逃し動画配信情報あり】

国内ドラマ
この記事は約10分で読めます。

この前のHeaven?〜ご苦楽レストラン〜2話を見逃してしまった。

どんな内容だったのかな?

他の人の感想が知りたい!

あの俳優さんのあのシーンがもう一度見てみたい!!

そのような方々のお役に立てるような

情報をお伝えいたします。

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜を見逃したらパラビで!

Paravi

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜はParavi(パラビ)で見逃し配信がされます。
Paraviは30日間なら無料で利用できます。

他にも話題のドラマやバラエティーも楽しむことができますよ!!

Paraviを30日間無料体験

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜2話のあらすじ(ネタバレあり)

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜2話のタイトルは、

「deux シェフの知られざる秘密!謎の刺客現る」。

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜2話のあらすじ

「ロワン・ディシー」の開店からおよそ1カ月。お客といえば、近所の石材店の鱸(田口浩正)くらいで、店内には閑古鳥が鳴いていた。ある日、食事を楽しんだ仮名子(石原さとみ)は、シェフ・小澤(段田安則)をテーブルに呼び「最近の料理にはパンチが足りない」と指摘。実は、小澤は弱気になると味が薄くなる性格で、客が来ないのは自分の料理がおいしくないからだ、と思い悩んでいるのだった。そんな小澤の自信を取り戻そうと、仮名子は従業員たちにお店のチラシを配ることを命令!手書きのチラシを作って客を呼ぼうと団結する。ところが数日後、店は予想外の事態に陥ってしまう。

https://www.paravi.jp/watch/42977

あらすじ(以下ネタバレ注意)

ロワン・ディシーの開店から約1ヶ月。

お客といえば、取引先の石材屋の鱸(田口浩正)くらいで、店には閑古鳥が鳴いていた。

毎日のように店で食事をするオーナーの黒須仮名子(石原さとみ)は、ある日シェフの小澤(段田安則)を呼び、

「どれもこれも塩気が少なくて、料理に全然パンチがない」とダメ出しをする。

小澤は弱気になると味が薄くなる性格で、客が来ないのも自分の料理が美味しくないからだと思い悩んでいるのであった。

そんな小澤を仮名子は、

「大丈夫、元三ツ星レストランのシェフなんだから!」と励ますが、その言葉を聞いて伊賀(福士蒼汰)は「どうしてそんな三ツ星シェフがここに・・・?」と質問をしてしまう。

店を潰したくない小澤は、やはりランチ営業もするべきだと仮名子に再度持ちかける。

しかし、「昼にお酒を飲むと、夜のお酒が悪くなる」と言うわがままな理由で、即却下されてしまう。

まずは新規顧客を増やすべく、仮名子の手書きのチラシ配りで客を呼ぼうとするも、小澤は相変わらず”ジンクス”に勝てるのか弱気になっていた。

 

後日、チラシ効果でお客は集まったものの、集まった客はフレンチに似つかわしくないお客ばかり。

しまい目には、小澤の古くからのファンらも「次のお店も必ず通いますから・・・」と諦観の笑みを浮かべてしまっていた。

「私はジンクスから逃れられないんだ・・・」と弱気になる小澤に、仮名子はシェフに塩気と自信を取り戻してもらうべく、従業員達を連れてライバルの人気フレンチ店へ。

ここで、小澤の料理の方が美味しいということがわかれば、きっと自信を取り戻すだろうという作戦だ。

「同業者が来たとわかるとお店側も本来の姿じゃなくなる」と気が進まない小澤に、仮名子は「もう予約しちゃってるから!」と一蹴。

こうして、同業者だとバレないように気をつけて入店するものの、皆ぎこちなく取り繕うのがやっとの状態。

完全にバレてしまっているだろうと思う中、周りのお客からはお見合いサークルなのでは?と誤解されてしまう始末。

さらに小澤がこの店のオーナーシェフが28歳であることに気付き、自分の現状と比べさらに弱気になってしまう。

それでも、「小澤さんはうちのお店の大黒柱よ!」と仮名子に鼓舞され、少し自信を取り戻す。

そんな中、席の横での火を使ったサービス中に、料理に使ったお酒に火が移ってしまう事故が起こる。

咄嗟に、伊賀は着ていたジャケットで消火。

流石に同業者だとバレただろうと全員が思ったが、今度は消防士と間違われてしまい、思わず気が抜けてしまうのであった。

 

後日、小澤の料理を食べてみるも、まだ病院食かと思うほどの薄味であった。

依然として弱気なままの小澤は、連日予約ゼロの状況を危惧し、再びランチ営業をするべきだと仮名子に持ちかける。しかし仮名子は全く取り合わない。

他の従業員達も色々と宣伝方法の案をあげるも、小澤は理由をつけてすべて却下。

妙に宣伝方法について詳しい小澤の様子に、従業員達は何か裏があるのではと思い始める。

見かねた仮名子は遂に、小澤の”ジンクス”について語り始めた。

1軒目:初めて働き出した店が経営不振で潰れる。

2軒目:オーナーが事故を起こして潰れる。

3軒目:三ツ星レストランに勤めるも、食中毒を出して潰れる。

4軒目:リーマンショックの余波を受けて潰れる。

5軒目:念願の自分の店をオープンするも、従業員にボイコットをされて潰れる。

6軒目:次に開いた自身の店も部下にボヤ騒ぎを起こされ、潰れる。

7軒目:さらに次に開いた店でも、経理に金を持ち逃げされて、潰れる。

そして、8軒目がロワン・ディシー・・・

シェフのジンクスとは”勤める店が全部潰れる”ということだった。

 

現在の状況を打破できないかと、従業員達はあれこれと考えた結果、

伊賀の出した案、”ミッドナイトランチ営業”が採用され、結果、お店は賑わいを見せはじめた。

ミッドナイトランチを頼む客も多くその効果は上々に思われた。

しかし、それはとあるネットニュースのせいで別の意味で話題になっていたからにすぎなかった

そのネットニュースとは、”味は絶品だが、その店を次々と潰してしまう伝説のシェフ小澤”という内容。

しかもそれは仮名子がエッセイストである友人の英代に情報を売ったものであった。

それを知った小澤は、ますます弱気になってしまう。

 

そんなある日、突然一人5万円のコース料理で合計16人の予約が入る

シェフの料理の腕を買っている人がいるとわかった小澤はとても喜んだが、今度は逆に原価率の高い豪華な料理を思いつくことができずに悩むことに。

不遇の時代に貧乏が染み付いてしまったのか、小澤は予約日まで1週間を切ってもメニュー内容を決められずにいた。

それを見かねた仮名子は小澤に、

答えは、あらかじめオーダーの中にある。もう一度お客様からのオーダーを見直したら?」と言葉をかける。

情熱大陸にも出演する話題の洋服メーカー・株式会社オカノ、社長と社員合計16名。

会社設立30周年の会食。

料理の内容は全てシェフにおまかせ。

「やはり荷が重すぎる・・・」と小澤は落ち込むが、仮名子は

「シェフの腕が5万で買われたのよ。自由にやってみなさい!」と勇気付ける。

それでも、失敗を恐れる小澤に、

自分が心から満足いくものができたら、たとえ失敗しても後悔はしないし、絶対に心は折れないものよ。」と仮名子。

遂に小澤はやる気になったが、実は仮名子は小澤のまかないが早く食べたいがために言っただけのことだった。

 

しかし、前日になって小澤はまた迷い出してしまう。

お客の顔が見えない中、料理は全てシェフに任せるという自由が小澤を悩ませるのだ。

あまりに要望がないため、従業員達はもしかしてシェフのことを知る人物なのでは・・・?と疑い始める。

そんな中で、小澤は客の嫌いな食べ物リストにきゅうりが入っていることを知り、もしかすると初めて勤めた店で自分の料理を褒めてくれたあの客ではないかと思い始める。

その時の料理こそ、きゅうりを使ったウサギのバルブイユであった。

 

そして、当日を迎える。

ウサギのバルブイユのバージョンアップ版への反応も良く、丘野社長もやはりあの時自分を褒めてくれたお客だったと判明する。

店に通ったのは1回切りで、その後店もすぐに無くなってしまったのに小澤が覚えててくれたことに喜ぶ丘野社長は、

この頃なぜだかあの時期のことが思い出されてね、そしたら君の記事を見つけて。君が自由に作った料理を無性に食べてみたくなった。どれも素晴らしいよ

そう小澤を褒め讃えた。

丘野「会社を始めた頃は、まだ一人で服を作っていて。君の店に行ったのは事業が軌道に乗り始めた頃だった。」

小澤「私はいまだに制約ばかりある仕事です」

丘野「けどそれはあえてなんだろう?制約があることもそれはそれで幸せなことだとわかっているから、あえてこの店にいるんだろう?高みを目指すのも素晴らしいが、自分らしさを見失いがちだ。放り込まれた自由の中で惑わされずに答えを出し、自分らしい料理を作った。三ツ星レストランで働ける腕を持つ君があえて制約のあるこの店で今尚料理を作っている。小澤さん、勇気付けられたよ。

 

そんな一晩限りの自由であったが、店長の計算の結果、原価率は70パーセントになってしまっていた。

高級な食材ばかりをたくさん仕入れ、結果食材もたくさん余ってしまっていた。

しかし、それも仮名子が「余らせてもいいから自由にやりなさい」と言ってくれたからこそ、今回の成功に繋がったのだ。

「感謝しないとなぁ。オーナーが自由にやっていいと言ってくれたから、自信を取り戻せた。」

と小澤も満足した様子であった。

従業員達も仮名子を見直したかと思ったその時、厨房の方から香ばしい匂いが・・・

なんと、仮名子は余った高級食材達は焼いて自分で食べる、最初からそうするつもりだったのだ。

またしても、従業員達は仮名子に振り回された結果となったのだった。

そんな中、オカノがパリコレから撤退するというニュースが入る

その理由は”業績好調な中の路線変更、自分の作りたいものを選択したい”というものだった。

あの時の、小澤への言葉は、丘野社長が自分自身に向けた言葉だったのではないか。

 

その数日後、思わぬ好機が訪れる。

丘野社長がSNS上でロワン・ディジーを紹介してくれたのだ

それもなんと川合が友達申請をして、オッケーをもらったからお願いをしたのだという。(グッジョブ!)

 

こうして店の経営は安定。

ミッドナイトランチはロワン・ディジーの看板メニューとなった

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜2話のTwitterでの反応

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜2話のTwitterでの反応をご紹介します。

石原さとみの衣装のセンスに注目する声

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜を見逃したらパラビで!

Paravi
Heaven?〜ご苦楽レストラン〜はParavi(パラビ)で見逃し配信がされます。
Paraviは30日間なら無料で利用できます。
他にも話題のドラマやバラエティーも楽しむことができますよ!!

Paraviを30日間無料体験

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 の見逃し配信をしているVODサービス
「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」が面白そう。 過去の放送分を見逃したんだけどどうすれ...
タイトルとURLをコピーしました