なつぞら31話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

なつぞら

なつぞら31話のあらすじ

第6週−1「なつよ、雪原に愛を叫べ」

あらすじ

 咲太郎(岡田将生)を探すため、東京を訪れたなつ(広瀬すず)と富士子(松嶋菜々子)。ふたりは偶然、天陽(吉沢亮)の兄・陽平(犬飼貴丈)と再会する。そこでなつは、陽平が、漫画動画を作る会社で働いていることを知る。子供のころに学校でアメリカの漫画映画を見たときの感動を覚えているなつは、陽平に誘われるがまま、スタジオ見学に行くことに。そしてなつは、漫画動画を制作する「新東京動画社」に足を踏み入れた…。

あらすじ(以下ネタバレ注意)

信哉(工藤阿須加)と別れると入れ違いに川村屋へ入ってきたのは東京の芸術大学に通う天陽の兄、陽平(犬飼貴史)だった。

漫画映画を作る会社で働いているという陽平は仕事場を見学しないかとなつに提案した。

そして、仕事場へ到着すると大学の先輩の仲努(井浦新)に弟の彼女だと紹介した。

アニメーションを見たことがあるかと聞かれたなつは、学校の映画界で映画アメリカの漫画映画を見て色のきれいな夢を見ているようで感動したと話した。

アニメーションの作り方について教えてもらったあと、テストを受けることになったなつ。

用意されたのは2枚の絵。薪を割ろうと振りかざす絵と薪に斧が刺さった瞬間の絵だった。テストの内容は5、6枚の用紙を使って2枚の間の絵を描いて薪割りを完成させるというものだった。

そんなこと無理だと言うなつに、陽平はノートに絵を描いてペラペラとめくった経験のあるなつなら大丈夫だと応援した。

実際に体を動かしながら薪割りの絵を完成させたなつは、努にできたかどうか全然わからないと言いながら絵を見せた。

仲は、なかなかいいと評価した。陽平もちゃんと重力を感じる、なかなかいいと笑顔で言った。

仲は先月同じテストを受けて会社に入った下山克己(川島明)を呼んでそのときの絵を見せるように言った。

なつは下山の絵を見て動きがきれいでぜんぜん違うと驚いた。

一方下山はなつの絵を見て、僕のより迫力があるかもしれないと言った。

自分の絵を見られて恥ずかしそうななつ。その姿を見て仲は、お世辞を言ってからかっているわけではないということ、絵のうまい下手は経験によって変わるけれど、絵を動かす力があるかどうかはもっと大事な能力だということを伝えた。

そして、ちゃんと勉強をすればアニメーターになれると言った。

陽平がなつの家は農家で酪農の勉強をしていると知らせると仲は残念がった。

なつは女でもアニメーターになれるのか質問すると、仲はなれると答えた。

下山は元警察官だったことを例に挙げ、絵の勉強はどこにいたってできると断言し、まずは人間や仕草や動きを観察することだと言った。

なつはその日、自分の想像力を夢をそっと動かしていた。

なつぞら31話の感想

なつ、アニメーターの道へ?!

遂に足を踏み入れたアニメーションの世界。

絵を動かす力がある、女性でもアニメーターになれると聞いたなつ。

しかし、十勝では泰樹から牧場を継いでくれと言われています。しかも、知らないうちに照男との結婚話も出ていて…

兄の逮捕やまだ会えないでいる妹の悩みのさなか、なつはどんな選択をするのでしょうか。

しっかり自分と向き合って納得のいく選択ができますように。

初登場!犬飼貴史・井浦新・川島明

アニメーターの世界へ足を踏み入れたなつ。

そこで登場するのが犬飼貴史さん、井浦新さん、川島明さんの三人です。

犬飼貴史さんは、いくら勉強しても天陽の絵には敵わないという陽平役を演じています。

弟の絵のうまさにずるいともらしてしまった兄、陽平はこのアニメーションの仕事を通して自分の絵に自信を持つことができるのでしょうか。

井浦新さんは、陽平の大学の先輩で新東京動画社のリーダー仲努を演じる。

なつにアニメーターになれると言ってくれた仲、これからなつをアニメーションの世界へと導いてくれそうな人物です。

川島明さんは、元警察官の新人アニメーター・下山克己役です。

明るく、優しそうな下山はどこにいてもアニメーターを目指すことができると身をもって教えてくれた下山。これからもなつと関わりがあるのでしょうか?

麒麟の川島さんの演技も自然で良かったです。次の下山さんのシーンも楽しみです。

 

なつぞらを見逃した…「U-NEXT」で動画配信中!


U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました