なつぞら48話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

なつぞら

なつぞら48話のあらすじ

第8週−6 「なつよ、東京には気をつけろ」

あらすじ

 なつ(広瀬すず)が入社を希望している東洋動画の社長・大杉(角野卓造)と偶然すれ違った咲太郎(岡田将生)。思わず、なつの漫画映画への熱意を語り、「妹が試験を受けるので採用してほしい」と申し出てしまう。その頃なつは、久しぶりに再会した信哉(工藤亜須加)と一緒に、再び風車の亜矢美(山口智子)を訪ねていた。亜矢美から、咲太郎の東京での生い立ちについて聞かされたなつは、知られざる兄の行動に驚きを隠せず…。

あらすじ(以下ネタバレ注意

信哉(工藤阿須加)と共に風車の暖簾をくぐったなつ(広瀬すず)。

この間はせっかく食事をごちそうしてくれようとしたのに急に帰っしまって…と謝った。

その姿を見て謝りに来たの?と驚く亜矢美(山口智子)に、信哉のことを紹介した。

するとのぶちゃん?咲太郎の幼馴染?早く言ってよ、早く座りなさいよと言って喜びが抑えられない様子だった。

大杉満(角野卓造)の前へと立ちふさがった咲太郎は、東洋動画に妹が入りたがっているから採用して欲しいと申し出ていた。

大杉は「咲太郎くんになつさんね、はい分かった」と言って去っていった。

亜矢美はなつと信哉に新宿での咲太郎の暮らしについて話し始めた。

孤児院を逃げ出して新宿の街にたどり着いた闇市で靴磨きを始めたけれど、周りの浮浪児たちから袋叩きにあってしまい、その時にたまたま助けて藤正親分のところへ連れて行ったと亜矢美は言った。

藤正親分がラーメンを食べさせたとき、妹を迎えに北海道に行きたいと言って泣いていた咲太郎の話をし、なつたちを捨てたんじゃないと言った。

亜矢美と出会い、新宿で、ムーラン・ルージュで生きる決心をした咲太郎。

長いこと引き止めてしまってごめんねとなつに謝った。

あなたがいてくれて本当に良かったと思う、兄を助けてくれて本当にありがとうございまいしたと言って信哉と共に深々とお辞儀した。

その後なつや咲太郎の夢の話をしていると、信哉が「悲しみから生まれた希望は人を強くします。喜びから生まれた夢は人を優しくします。」と詩人のようなことを言った…

東京での暮らしが続く中、なつのもとへ東洋動画の仲(井浦新)と陽平(犬飼貴史)が訪れた。

そのときに咲太郎も来店し、なつが二人のことを紹介した。

仲がこの業界へ誘ったということを聞いて、裏切ったら海に浮かぶよとキツめのジョークをとばす咲太郎。

さっき本屋で買ってきたという動きの基礎を勉強するための本をプレゼントしてもらったなつは、仕事と勉強に励んだ。

いよいよ試験の日を迎え、泰樹からもらった懐中時計を握りしめて臨時採用試験会場へと向かった。

「なつよ、夢をあきらめるな」に続く…

なつぞら48話の感想

帯広と新宿で想いを共にしていた兄妹

あなたを捨てたんじゃないとなつに教えてくれた亜矢美。

今の咲太郎を見ていると色んな女の人に優しくして楽しく生きてきたような印象に映るけど、咲太郎も辛い思いや苦労をしながら妹たちのことを考えて生きてきたんだなぁと思いました。

そんな咲太郎の当時の様子が分かってよかったです。

これからもお互いに支え合いながら生きていくんだろうなぁと思いました。

来週は、夢を諦めるなでした。

夢を諦めたくなるような何かが起こるのでしょうか?!

いつも怒られてばかりだけど大きな返事をして一生懸命頑張ってる(笑)雪次郎と一緒に何とか踏ん張って欲しいです。

雪次郎の成長も楽しみだ!

 

なつぞらを見逃した…「U-NEXT」で動画配信中!


U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました