なつぞら61話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

なつぞら

なつぞら61話のあらすじ

第11週−1「なつよ、アニメーターは君だ」

あらすじ

 昭和32年春。東洋動画仕上課で働くなつ(広瀬すず)たちは、ついに数万枚におよぶセル画を仕上げて映画「白蛇姫」を完成させた。残業の日々から開放されたなつが「風車」に帰ってくると、新婚旅行で東京を訪れていた照男(清原翔)と砂良(北乃きい)の姿があった。二人の結婚の経緯や、懐かしい十勝での話で盛り上がっていると、そこへ咲太郎(岡田将生)も帰宅する。いよいよ、なつの二人の兄が顔を合わせることに。

あらすじ(以下ネタバレ注意)

なつ(広瀬すず)が仕上げ課に入って5ヶ月が経ち、入社して初めて関わった作品「白蛇姫」も仕上げが最後の段階を迎えていた。

そして遂に6万5298枚の動画の彩色が終わった。

その後、背景・撮影・編集・録音という工程を経てやっと一本の映画が完成する。

この頃には隣の席の桃代(伊原六花)とタメ口で話し始めていた。

残業から開放されたその日の夜、風車に帰ると東京へ新婚旅行に来ていた照男(清原翔)と砂良(北乃きい)がカウンターに座っていた。

柴田牧場に嫁いだ砂良は東京へ発つ前に泰樹(草刈正雄)からなつに渡してくれとバターを預かっていた。

砂良と3人で作ったと言って渡せば、なつの夢を砂良さんが受け継いでくれたとほっとするとだろうと言って穏やかに笑った。

バターと一緒に天陽からとじゃがいも渡した。

亜矢美(山口智子)が天陽とは誰か聞くと砂良はなつの恋人だと答えたが、なつは目標とする人だと否定した。

そして最後に弥市郎からと木彫りの熊を渡していると、咲太郎(岡田将生)が帰ってきた。

北海道のお兄ちゃんとなつが照男を紹介すると、なつがお世話になっていますと兄二人がお互い言い合い、お酒を酌み交わした。

砂良になつのお母さんにはなんて伝えようかと聞かれたなつは、必ず夢を叶えてみせると伝えてと答えた。

家族の話になった時、大事な家族にまだ一人会えてない…となつはつぶやいた。

親戚の元へ引き取られたが引っ越してしまい、居場所がわからなくなっている千遥のことを気にかけるなつだが、咲太郎は俺たちのことはとっくに忘れて幸せに暮らしているだろうから邪魔してはいけないと言われていた。

もう帰るという二人は、なつをこれからもよろしくお願いします、どうか北海道に来てくださいと言って店を出た。

なつは十勝の家族へのお土産に新宿のデパートで買った手袋を渡し、二人を見送った。

それぞれの場所できれいな月を見上げる家族…

その夜も遅くまでアニメーターになるために勉強をするなつだった。

なつぞら61話の感想

北海道の兄と東京の兄

今日、初めて照男と咲太郎が会うことになりましたね。

何だか感慨深く見てしまいました。

二人ともなつがお世話になっていますって言う場面、ぐっときました。

仲良くお酒を酌み交わすシーンもとても良かったです。

亜矢美も嬉しかっただろうなぁ…

なつが咲太郎や亜矢美と一緒に北海道へ行って、十勝の家族と楽しい時間を過ごす場面とか見てみたいものです。

気になる妹、千遥の存在

咲太郎はそっとしておけと言っていましたが、やっぱり妹の存在は気になってしまいますよね。

先週の次回予告では見るだけ!と言って千遥の元へ行くなつの姿がありましたが、一体どうなるんでしょうか。

千遥が元気に過ごしてくれてるといいですね。

これから兄妹3人がどんな風に再会するのか、しないのか、再会したならその後どうなるのか…今後の展開が気になります!!

 

なつぞらを見逃した…「U-NEXT」で動画配信中!


U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました