Heaven?〜ご苦楽レストラン〜3話のネタバレと感想【見逃し動画配信情報あり】

国内ドラマ
この記事は約10分で読めます。

この前のHeaven?〜ご苦楽レストラン〜3話を見逃してしまった。

どんな内容だったのかな?

他の人の感想が知りたい!

あの俳優さんのあのシーンがもう一度見てみたい!!

そのような方々のお役に立てるような

情報をお伝えいたします。

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜を見逃したらパラビで!

Paravi

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜はParavi(パラビ)で見逃し配信がされます。
Paraviは30日間なら無料で利用できます。
他にも話題のドラマやバラエティーも楽しむことができますよ!!

Paraviを30日間無料体験

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜3話のあらすじ(ネタバレあり)

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜3話のタイトルは、

trois オーナー激似の伊賀母登場!超難敵!!息子を長崎に連れ帰る!?」。

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜3話のあらすじ

「ロワン・ディシー」では、店長の堤(勝村政信)が頭を抱えていた。予約の電話を受けたコミドランの川合(志尊淳)が致命的なミスを犯したのだった。その夜、店は予約で満席。フロアが大混乱する中、仮名子(石原さとみ)がアクシデントに見舞われ、伊賀(福士蒼汰)はその対応に追われる。すると、山縣(岸部一徳)が堤と川合を手招きする。山縣が指さした先には、仮名子の席に座る女性の姿が・・・。押しの強いその女性は、伊賀を見るなり「観!!」と親しげに呼ぶ。彼女は伊賀の母・勝代(財前直見)で、伊賀を長崎に連れ戻そうと東京にやってきたのだった。仮名子と勝代は、似た者同士でそれぞれの都合で伊賀を自分のそばに置いておきたいと必死。「ロワン・ディシー」の”サービスの要”伊賀をめぐる、仮名子と勝代の争奪戦が幕を開ける!!

https://www.paravi.jp/watch/43156

あらすじ(以下ネタバレ注意)

ミッドナイトランチ営業のおかげで、ロワン・ディシーの売り上げは少し上向きつつあった。

そんな中、ある問題が起こる。

それは、伊賀が買い出しで不在の間に起こってしまった。

全然仕事を覚えないコミドラン川合が電話予約を受けた際、「20:00〜 山田様 3名」を立て続けに3件も受けてしまったのだ

しかも、お客様の連絡先とフルネームも聞き忘れてしまっていた

もともと入ってた予約と合わせて、空席はカウンター席1席とテーブル1卓のみ。

不確定な予約が忙しい時間に入ってしまい、前後の予約も取りづらくなってしまった。

この状況を聞いていた仮名子は、

「ねぇ、なんで満席を喜ばないの?席が足りないわけじゃないのに。」と尋ねる。

伊賀「現在わが店では予約は5組までに制限しています。ミッドナイトランチのおかげでふらっと店に来てくれるお客さんも増えました。しかし、ロワン・ディシーはどの駅からも歩いて15分以上。せっかく店に来たのに席がいっぱいで入れなかったら・・・」

理由を聞いて、仮名子も確かにそれは癪だ、と答える。

しかし、この決まりを知らされていなかった仮名子は、そのことも癪だと言い、

「予約はミッチミチに入れること。これ、オーナー命令」と言い放った。

その時、1本の電話が鳴る。

20時から2名、予約を取れないかという内容だった。

しかし、20時はもう予約は取れない状況。店長はそのことをお客様へ伝えると、

はぁ?わざわざ東京まで来たのに??もういい!!このあんぽんたーーん!!

と言い、電話は切れてしまった。

 

その日は、天気予報通りの大雨だった。

仮名子が天井の異変に気付き、店長に伝えると、それは雨漏りだと言う。

それを聞いた川合は、持っていたモップで天井の水が溜まり膨らんだ箇所突いて遊び始める。

すると、突然その部分が破け、真下にいた仮名子に大量の水がかかってしまった・・・。

 

そんな中、続々と予約客達が来店し始める。

川合がお客様の傘を預かり、伊賀達が席へとご案内し店内が慌ただしくなる中、仮名子はいつものマイペースを発揮していた。

しかし、忙しくて従業員達は仮名子にほとんど構う暇がなかった。

それに機嫌を損ねた仮名子は、自分も役に立ってやる!と、躍起になって床のモップ掛けを始めた。

しかし、濡れた床に足を滑らせ傘立てとともに転倒してしまう・・・。

結局オーナー室で休むことに。

そんな中、一人の女性が来店し、そのまま、空けてあったオーナーの特等席に座ってしまった。

何が予約がいっぱいよ、あのあんぽんたんいい加減なこと言って!

この言葉を、聞いて店長はビビっとくる。

この女性は電話を受けた際に、「あんぽんたーーん!」と言ってきた方だったのだ

そして、彼女は伊賀を見つけるなり親しげに「観ー!!」と呼ぶ。

伊賀は驚いた表情で、「お母さん・・・!」と言った。

そう、彼女は伊賀の母、伊賀勝代(財前直見)だったのだ。

伊賀「何しにきたんですか・・・」

勝代「決まってるじゃない。あなたの仕事っぷりを見にきたの」

伊賀「なら事前に連絡をくれれば・・・」

さらに勝代は、「オーナーにご挨拶がしたい」と言い出す。

従業員達は、このパワフルな勝代を目の当たりにして、相当不機嫌な状態の仮名子と鉢合わせるわけにはいかないと思い始める。

 

そしてようやく、忙しかった店内はなんとか落ち着き始め、勝代以外のお客は残る1組となった。

そのお客が店を出る時、預けていた傘が別の傘と入れ違ってしまうというトラブルが発生

その傘は、亡くなった息子の形見だという。

従業員達はお客様に謝罪をし、必ず探し出すと約束し、お客様には帰ってもらった。

しかし、今日に限って電話番号のわからないお客様がいて、川合以外の従業員達は途方にくれるのだった。

その頃、食事を食べ終えた勝代は、

「今日はありがとうございました。堪能しました。短い間でしたけど、息子の観がお世話になりました、オーナー。」

と、山縣に向かって言った。その言葉を聞いて、従業員達が困惑していると

のっぺきならない事情がございまして、観は長崎に連れて帰ることにしました

と勝代は言った。

「どういうことかちゃんと説明してください」と伊賀が言うと、

「観、あなた前私に言ったわよね。東京のフランス料理店で一人前になるまで修行するって。今日、あなたの仕事っぷりを見てきたけど、もうあなたは立派な一人前よ。だからね、帰るの。」

この強引な感じ・・・誰かを思い出させる・・・

と従業員一同が感じたところに、オーナー・仮名子がやってきてしまった。

思った通り、勝代と仮名子は似た者同士で、すぐに言い合いになってしまう。

しかし、勝代が持ってきた差し入れのコロッケを見ると、仮名子の機嫌は戻り、その場は一旦収束した。

 

翌日、伊賀は勝代に付き添うために休みをとっていた。

昨夜の傘の取り違え問題の件で、従業員達は早く伊賀に店に戻ってきて欲しいと思っていた。

しかし、勝代は「最後の東京をもっと楽しみなさい!」と、強引に伊賀を付き合わそうとする。

この状況に、伊賀は自分の大学受験時も母が東京についてきたことを思い出した。

その際も母が原因でトラブルが起き、結局受験ができなかった。

そして、「浪人するお金なんかない」と勝代に言われた伊賀は、

東京のフランス料理屋の求人広告を勝代に見せ、

「一人前になるまで修行しようと思います」と半ば自暴自棄となって就職先を決めたのだった。

 

その頃、従業員達は伊賀がいないためにうまく回らず、困っていた。

仮名子はオーナー室は何気なくテレビを見ていると、生中継に勝代と伊賀が写っているのを見てしまう。

山縣は伊賀は法事があると加奈子に嘘をついていたため、従業員達は仮名子に問い詰められる。

堪忍した従業員達は「オーナーを騙したかったわけじゃないんです」と、事情を説明する。

しかし仮名子は、

「伊賀君がいなくなったらみんな困るでしょ?伊賀君はこのロワン・ディシーにいるべきよね?」と従業員達に問いかけた。そして、

「取り返してくる、伊賀君を!」

と言って、店を飛び出していった。

 

伊賀を見つけ出した仮名子は、

仮名子「一体何を考えてるんですか?急に実家に帰るなんて言われても困ります。いくら母親でも横暴です」

勝代「横暴?私にはその権利があるの。観を使える男にしたのはこの私だもの」

そのやりとりを見ていた伊賀は『オーナーが押されている・・・?』と困惑する。

2人はお互いに「伊賀がいないと不便」と主張し、伊賀の争奪戦状態に。

「観を使える男にしたのは、この私よ」と主張する勝代に対して、仮名子は

昨夜のお客様の傘がなくなった件を「伊賀のせいだ」と言い始める。

お客様の傘を見つけ責任を果たしてもらうまではお返しできません」と言い切った。

そして、その場にいた伊賀の父・伊賀静(鶴見辰吾)

オーナーさんの言うことも一理ある。とりあえず話は傘が見つかってからにしたら?

と言うと、仮名子と勝代もやっと納得したのだった。

 

その後、店では傘を見つけ出すために、連絡の取れない山田様についてみんなで思い出そうとしていた。

もっとも疑わしい1組の山田様について、記憶を思い出そうと必死に皆の記憶を辿っていたその時、

その当の本人が間違えた傘を持って現れた。

「これの傘は別れた妻からもらった思い出のもんでね・・・」

山田を見た仮名子は「もしかして、山田監督?!」と言った。

そう、山田様は仮名子の知り合いだったというオチだった。

 

そんなこんなで、傘は見つかったものの、思いも寄らぬ形で事態は収まってしまった

「傘は見つかったから観を連れて帰る」と言う勝代に対し、

「伊賀君は責任を果たしたとは言えない」と、仮名子は伊賀は渡さない姿勢。

うちの店には代わりになる人なんていないの。全員必要不可欠なの

再び、その場が修羅場と化すと思われた時、

「すいません、シャンパンをボトルで2本。」と父・静が割り込んだ。

「怒鳴ってばかりで、喉も渇いたでしょ?良かったらオーナーも是非」

そう言うと、勝代も「シャンパンに合う料理も」と言い始めた。

 

その後、シャンパンを飲み交わし勝代と仮名子はすっかり意気投合。

静は、勝代は明日からも忙しいということをあげて、伊賀を取り戻す話は先延ばしとなったのだった。

話を先延ばしにする・・・それが母を交わす唯一の方法。そして、それは父にしか出来ない』そう悟った伊賀であった。

お前の名前は”静観”の観。成り行きを静かに見守ることも大切ってことだ。いい仕事を選んだ」静は伊賀にそう伝え、帰っていった。

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜3話の感想(Twitterでの反応)

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜3話のTwitterでの反応をご紹介します。

福士蒼汰の『仮面ライダーフォーゼ』小ネタに反応する声

Twitterでは「フォーゼやん!」の声が多数でした。

毎回演出面は、ちょこちょこ細かいネタが挟まれていますね。

次はどんな小ネタが隠れているのでしょうか。

また違った角度からこのドラマをみるのも面白そうですね!笑

 

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜を見逃したらパラビで!

Paravi
Heaven?〜ご苦楽レストラン〜はParavi(パラビ)で見逃し配信がされます。
Paraviは30日間なら無料で利用できます。
他にも話題のドラマやバラエティーも楽しむことができますよ!!

Paraviを30日間無料体験

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 の見逃し配信をしているVODサービス
「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」が面白そう。 過去の放送分を見逃したんだけどどうすれ...
タイトルとURLをコピーしました