なつぞら62話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

なつぞら

なつぞら62話のあらすじ

第11週−2「なつよ、アニメーターは君だ」

あらすじ

 咲太郎(岡田将生)に誘われ、劇団「赤い星座」の舞台を見にいったなつ(広瀬すず)と雪次郎(山田裕貴)。終演後、2人は咲太郎の案内で主演女優の亀山蘭子(鈴木杏樹)を紹介してもらう。風車に帰っても、なつの熱は覚めやらず興奮気味に亜矢美(山口智子)に報告。雪次郎は、周囲が驚くほどに冷静な視点で、物語について語り始める。そしてなつは、アニメーションの仕上げの新しい仕事であるトレースに挑戦する。

あらすじ(以下ネタバレ注意)

「白蛇姫」の仕上げが終わり、やっと激務の日々から解放されたなつ(広瀬すず)は雪次郎(山田裕貴)と咲太郎(岡田将生)に誘われていた「人形の家」を観に行くことになった。

舞台終わりに咲太郎が亀山蘭子(鈴木杏樹)をなつたちに紹介した。

感想を聞かれたなつは、絵に描きたいと思いましたがこの感動は絵に描けないとも思ったと言った。

お菓子と同じぐらい芝居が好きだという雪次郎に蘭子は、よく芝居を辞められたわねと笑顔で微笑むが雪次郎は蘭子が去るときも立ち上げれず呆然としていた。

東京で見た初めての舞台に興奮さめやらぬなつは、風車に帰ると人形の家について亜矢美(山口智子)に話し続けた。

芝居は運動なんかじゃない、といつもと目が違う雪次郎が咲太郎の意見を否定した。

演劇や文学の目的は問題の解決ではなく人間の描写だとイプセンの言葉を引用して語る雪次郎

だった。

なつは帰宅後、人形の家を思い出しながら白蛇姫のあるシーンを描きながら動画の線を綺麗に描くクリーンナップの練習も続けた。

仕上げの仕事が終わるとなつたちの仕上課は急に暇になったため、トレースの練習をすることになった。

トレースとは、動画の線を崩さずにセルに写し取る作業のことで彩色担当よりも難しい。

そのトレースに挑戦したいと挙手したが、同じ絵を10枚描いて重ね合わせてみると線がずれおり、まだまだ修行が必要ななつだった。

なつぞら62話の感想

東京での初観劇、トレース…新しい学びの日々!

東京での初観劇やトレースという初めての体験になつが心を動かす日々が続いています。

初めてのものとの出会いに、感動したり苦い経験をしたりして成長していくなつの姿を見るのが楽しくて仕方ありません。

何でも吸収しようと目を輝かせるなつが羨ましいです。

これから経験することすべてがアニメーターに生かせるんだろうなぁと思います。

雪次郎は蘭子の言葉に言葉を失っていましたが、これから菓子職人として何か生きてくるのでしょうか?

そんなことも楽しみにしながらなつぞらを見ていきたいと思います。

 

なつぞらを見逃した…「U-NEXT」で動画配信中!


U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました