ゆるキャン△3話あらすじと感想(ネタバレあり)【見逃し動画配信情報あり】

国内ドラマ
この記事は約5分で読めます。

この前のゆるキャン△3話を見逃してしまった。

どんな内容だったのかな?

 

他の人の感想が知りたい!

あの俳優さんのあのシーンがもう一度見てみたい!!

そのような方々のお役に立てるような

情報をお伝えします!

ゆるキャン△を見逃したらAmazon prime videoで!

30日間なら無料で利用できます。
他にも話題の映画やバラエティ番組も楽しむことができますよ!!

Amazonプライムビデオ30日間無料体験

ゆるキャン△3話のあらすじ

木曜深夜1時放送の「ゆるキャン△」の第3はどんな内容だったのでしょう?

見逃した方へ、ネタバレなしネタバレありを共にお届けいたします!

※ 放送が終わり次第順次更新していきます。

ゆるキャン△3話のあらすじ(ネタバレなし)

事前にわかっているあらすじは以下のとおり。

ふもとっぱらキャンプ場でソロキャンプをしているリン(福原遥)のもとへやってきたなでしこ(大原優乃)。二人が初めて出会ったとき、リンがなでしこに振る舞ったカレー麺のお返しにと、なでしこは坦々餃子鍋を作り始める。
無事完成した鍋を食べている最中、リンはなでしこから「野外活動サークル」(通称「野クル」)に誘われたときに嫌そうな顔をしてしまったことを謝る。しかしそんなことは気にしていない様子のなでしこ。なでしこはすかさずリンに、またお鍋キャンプに行こうと誘うのだが…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/yurucamp/story/

ゆるキャン△3話のあらすじ(ネタバレあり)

ふもとっぱらキャンプ場で1人キャンプをしていた志摩リン(福原遥)の前に、各務原なでしこ(大原優乃)が土鍋をもって笑顔で現れる。なでしこが持ってきた野菜を出し始めるとリンが手伝おうかと話すが、なでしこは切って、ぶち込んで、煮るだけだもんとリンの手伝いを断り鍋を始める。リンは少し不安になる。

今日はなでしこは姉に連れてきてもらって、姉は別のところに遊びに行っていて、9時戻ってきてる予定。なでしこにはテントがないので、キャンプ場の駐車場で姉と車で寝るつもり。車で寝るからちゃんとキャンプにならないのかな心配になる。リンがオートキャンプだと車中泊の人も結構いると思うと話すと、なでしこは笑顔になる。

くしゃみをするなでしこにリンは貼るカイロを渡すと、なでしこは笑顔で答える。鍋の具のメインは餃子。鍋の中に具をいれて、火をつける。しばらくたって、日が沈みかけた頃、鍋を開けると、坦々餃子が完成。辛そうで辛くない、すこーし辛いお鍋。
お椀に取り2人で食べると、驚くほどうまく、リンの目が大きく開く、体の芯まであったまる鍋、なでしこが勝ち誇った顔になる。じんわり辛く、体の芯までぽかぽかになる。

食べ終わるころには暗くなっていた。餃子は全部で50個入れていて、なでしこがほとんど食べた。なでしこは雑炊を楽しみにしていたが、ご飯を持ってくるのを忘れて嘆いてる。

リンはなでしこに、嫌な顔をして野外活動サークルへの誘いを断ったことを謝るが、なでしこはまったく気にしていない。リンは1人でキャンプするのが好きなタイプだとなでしこは理解している。なでしこは、「まったりお鍋キャンプやろうね、そして、気が向いたらみんなでキャンプしよ。」と優しく笑顔でリンに声をかける。

2人で夜の富士山を見ている。朝、霧が出ると幻想的な富士山が見れるが、霧が出るのは春夏だとリンが話すと、なでしこは日の出を一緒に見ようとリンを誘うがやんわり断られる。

なでしこは車の中で姉と一緒に寝ている。日の出前、なでしこは姉に起こされ、リンがいるテントの方へ行く。テントの中ではリンが寝ていて、なでしこはリンを起こさないようにテントの外で富士山の裾から上る日の出を見ている。霧は出ていないが、幻想的。

なでしこは学校の野外サークル活動の部室にいる。リンとのキャンプの様子を大垣千明(田辺桃子)と犬山あおい(箭内夢菜)にスマホの写真を見せながら話す。

キャンプ場以外にも姉と牧場のハートランド朝霧に行って、富士山見ながら食べたソフトクリームがすごくおいしくかった話をして、買った富士山Tシャツと富士山マスコットを2人に見せる。なでしこが富士山の事ばかり話すので、千明が登山部に行って富士山に登ってみたらと話すと、なでしこは富士山を遠くから眺めているだけで満足だと話す。なでしこはお土産の飲むヨーグルトを2人に渡す。

図書室ではリンが受付をしている。リンがスマホでなでしことのキャンプの写真を見て楽しかったことをもいだし、ニヤニヤしていると、斉藤恵那(志田彩良)が声をかけてくる。リンは照れ隠しで、近くにあった”徳川埋蔵金の謎”の本を読むが、リンには興味がない本であることは恵那は知っている。
恵那はなでしことのキャンプのことをリンに聞く。恵那は冬にしかキャンプに行かないリンに冬のキャンプのどこがいいのか聞くと、リンは虫がいない、汗かかない、他のキャンパーが少ないから静か、焚火と温泉が気持ちいい、空気が澄んでいるから景色が遠くまで見える、汁物がうまい、鍋とかと答える。

恵那がリンに今週はどこに行くのか聞くと、リンは今週はバイトだから来週長野に行く予定だと話す。恵那がなでしこに連絡しようとすると、リンは「やめろ」と一声。

リンは学校を出る。リンは夕方の寒さを感じ、もっと寒い長野の方角を見る。長野への道は来週を逃すと4月まで通れなくなり、クマも出る可能性がある。そう考えるとリンは徐々に不安になってくる。スマホにこの前のキャンプの写真がなでしこから送られてきて、キャンプに誘われたことを思い出し、一人笑っている。

ゆるキャン△3話の感想

なでしこが作った鍋がおいしそう過ぎる!食べてみたくなる。坦々餃子鍋かぁ。今度、家で作ってみよう!でも外で食べたほうがおいしいかな。いや、しかし、私は恵那派で冬のキャンプはしない。ちなみに夏のキャンプもしない。でも、鍋は食べてみたい。なでしこの笑顔にも吸い込まれそうだ!なんという女子高生。行動力というか突進力があって、雑なようで物事を上手く乗り越え、ポジティブで、おいしいものに縁がある。なでしこはこの最強女子だ!

ゆるキャン△を見逃したらAmazon prime videoで!

30日間なら無料で利用できます。
他にも話題の映画やバラエティ番組も楽しむことができますよ!!

Amazonプライムビデオ30日間無料体験

タイトルとURLをコピーしました