なつぞら59話のあらすじと感想【見逃し動画配信情報あり】

なつぞら

なつぞら59話のあらすじ

第10週−5「なつよ、絵に命を与えよ」

あらすじ

 仲(井浦新)からアニメーターになるための試験を受けないかと言われたなつ(広瀬すず)。以来、ひと月後に迫った試験のため、寝る間も惜しんで絵を描き続ける。それに伴い、セル画に色を塗る仕事も上達し始める。ある日の昼休み、中庭で人々の似顔絵を描いているところに、陽平(犬飼貴丈)が駆け寄ってくる。なつに告げたのは、十勝で農業をしながら絵を描き続ける幼なじみ天陽(吉沢亮)に関する知らせだった…。

あらすじ(以下ネタバレ注意)

仲(井浦新)の熱意が届き、6月の臨時採用試験に合格した者と同じ条件でアニメーターへの道が開ける試験を受けることができるようになったなつ(広瀬すず)。

通常6月に採用された者は、6ヶ月の養成期間の中で2ヶ月ごとに試験を受け、その試験に合格したものから動画を任せるというシステムになっている。

なつの場合は、その養成中の者と比べて能力がどれほどあるのかを測ってみるうということになったのだ。

12月の試験まで残り1ヶ月しかないが、なつはやる気に満ち溢れていた。

その日風車へ帰ると雪次郎(山田裕貴)がおでんを食べていた。

雪次郎と亜矢美に特別に許された試験があることを伝えたなつは、試験に向けて寝る間を惜しんで勉強した。

やる気の余波か彩色の仕事も上達するなつは、いつも通り作画課へ行って書き損じの絵を持って帰って先輩の絵から学ぶ日々を送っていた。

中庭でデッサンをしていると麻子(貫地谷しほり)がやって来て、アニメーターになりたいということを早く言ってよと言った。

男を探していると言ったことを恥じていた麻子に、自分の動画を褒められて嬉しかったということを伝えた。

笑って話す麻子に、試験を受けられるのは麻子のおかげだと嬉しそうに伝えると、あの絵で?あなたには無理よと言って去っていった。

その後、陽平がやって来て天陽が帯広の展覧会で賞をもらったと話した。

天陽は授賞式のスピーチで、社会の価値観とは全く関係ないただの絵を描いていきたいと思いますと言った。

なつは天陽に受賞おめでとう、天陽の絵は大きな目標だと言う内容の手紙を書いた。

届いた手紙を渡す天陽に渡すタミ(小林綾子)はなつのことは忘れてちょうだいと言い、正治(戸次重幸)も早く自分の家族を見つけろと言った。

天陽は何も言わずご飯を食べ始めた。

いよいよ試験の日。

そこには、今まで学んだことを糧に懸命に取り組むなつの姿があった。

なつぞら59話の感想

久しぶりの天陽君に歓喜!!

皆さんが待ちに待っていた日が来たのではないでしょうか。

やっと天陽くんを見ることができましたね。

しかし、天陽くんの絵が受賞して嬉しいのですが、なんだか少し寂しい展開になってしまいました。

タミさんも正治さんもなつのことを忘れて自分の家族を作れなんて、そんなこと言葉にして言わなくてもいいのに…と思ってしまいました。

天陽くんが一番そんなこと分かってるのになぁ。

でも、これが親の愛なのでしょうね。

天陽くんには天陽くんの生き方があると思うけど…これから天陽くんにも良い出会いがあるといいですね。

まゆゆ初登場!!

そして、こちらもお待ちかねだったのではないでしょうか。

渡辺麻友さん初登場です!

なつのことを見ている演技が自然でとっても良かったです。

今回は台詞はなかったので、まゆゆの演技は明日かな?とっても楽しみです。

服装も髪型もメガネもまゆゆにぴったりで可愛かったので、これからの衣装も楽しみの一つです。

あとは、なつとどんな関係になるのかも気になります!

 

なつぞらを見逃した…「U-NEXT」で動画配信中!


U-NEXT公式サイト

U-NEXTから登録したNHKオンデマンドパックの解約方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました